記事一覧
  • 心の儚さ

     人の心とはなんと儚いものだろう。 これまでそれを何度となく見てきたし、自分自身味わってきた。 この先もまた何度となく思い知らされることになるだろう。 それでもめげない人の心とは、強いのか、ただ鈍いだけなのか。  ...

    2020/06/03

    言葉(words)

  • 行為の積み重ね

     誇ってもいいものがあるとすれば、自分自身ではなく自分の成したことに対してだ。 自信を持つというのも同じで、自分自身を信じるというのも的外れなことだ。 人は行為によって判断されるべきで、存在そのものがどうこうではない。 行為によって生じた結果の積み重ねが自分というものを形作っている。 何もしなければ何もないのと同じだ。  ...

    2020/06/02

    言葉(words)

  • 罪の意識という病

     罪の意識があなたを幸せにするだろうか。 人は皆罪人だという考えは捨てた方がいい。そんなわけはないのだから。 人の存在というのは基本的に祝福されているものだ。それでも罪を犯すのが人間の性なのだけど、存在そのものが罪という考え方は間違っている。 人はもっと無責任に生きていいのではないかと私は思う。 それを罪だというのであれば、甘んじて受け入れるしかない。 ただ、罪の意識で自分を苦しめることはやめるべ...

    2020/06/01

    言葉(words)

  • ホーム
  • ‹ 前
  • 次 ›

心の儚さ

言葉(words)
道路脇の風景

 人の心とはなんと儚いものだろう。
 これまでそれを何度となく見てきたし、自分自身味わってきた。
 この先もまた何度となく思い知らされることになるだろう。
 それでもめげない人の心とは、強いのか、ただ鈍いだけなのか。
 
 

行為の積み重ね

言葉(words)
工事中

 誇ってもいいものがあるとすれば、自分自身ではなく自分の成したことに対してだ。
 自信を持つというのも同じで、自分自身を信じるというのも的外れなことだ。
 人は行為によって判断されるべきで、存在そのものがどうこうではない。
 行為によって生じた結果の積み重ねが自分というものを形作っている。
 何もしなければ何もないのと同じだ。
 
 

罪の意識という病

言葉(words)
5月のツツジ

 罪の意識があなたを幸せにするだろうか。
 人は皆罪人だという考えは捨てた方がいい。そんなわけはないのだから。
 人の存在というのは基本的に祝福されているものだ。それでも罪を犯すのが人間の性なのだけど、存在そのものが罪という考え方は間違っている。
 人はもっと無責任に生きていいのではないかと私は思う。
 それを罪だというのであれば、甘んじて受け入れるしかない。
 ただ、罪の意識で自分を苦しめることはやめるべきだ。
 
 
  • ホーム
  • ‹ 前
  • 次 ›