カテゴリ:モノクロ(Monochrome)

記事一覧
  • モノクロ道行き風景

    OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 今日はモノクロ。 最近、森山大道が書いた本を続けて何冊か読んでいて(『犬の記憶』とか『通過者の視線』とか)、気分的にモノクロ寄りになっているのを自覚している。 森山大道の写真が好きかというと、実はそれほどでもなかったりするのだけど、森山大道の書く文章が好きかと問われたら迷いなく好きだと答えられる。 写真も文章も、どちらも紛れもなく森山大道そのものなのだろう...

    2016/02/09

    モノクロ(Monochrome)

  • モノクロ道行き風景

    OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 他 今日はモノクロ・シリーズをお送りします。 ...

    2016/01/26

    モノクロ(Monochrome)

  • モノクロ道行き風景

    OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 カラーで埋もれている在庫写真をモノクロで救い出す。 カラーでは面白くない写真がモノクロで生き返ることがある。それは撮った本人ならではの主観的な問題かもしれないけど、確かにそういうことがある。 もちろん、逆もある。カラーで魅力的な写真がモノクロで魅力を失ってしまうことの方が多い。 カラーの魅力は色で、モノクロは影だ。光はどちらも重要だから決め手にはならない。...

    2016/01/08

    モノクロ(Monochrome)

  • 年末モノクロ風景

    OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 他 クリスマスも終わって、あとは年末へ向かうだけとなった。 このまま撮影に行かなくてもネタ切れを起こさず年を越せるかどうか、少しきわどい。 そんな中、今日はモノクロ写真をお送りします。 ...

    2015/12/26

    モノクロ(Monochrome)

  • ホーム
  • ‹ 前
  • 次 ›

モノクロ道行き風景

モノクロ(Monochrome)
軟式ボール

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4



 今日はモノクロ。
 最近、森山大道が書いた本を続けて何冊か読んでいて(『犬の記憶』とか『通過者の視線』とか)、気分的にモノクロ寄りになっているのを自覚している。
 森山大道の写真が好きかというと、実はそれほどでもなかったりするのだけど、森山大道の書く文章が好きかと問われたら迷いなく好きだと答えられる。
 写真も文章も、どちらも紛れもなく森山大道そのものなのだろうけど、両者の間にはかなり大きな開きがあるように感じられる。
 森山大道の写真が好きという人よりも、あまり好きではないとう人の方が森山大道の文章を読むと森山大道に対する見方が変わるんじゃないだろうか。実はこんなにすごい人だったのかと、認識を改めることになると思う。
 森山大道も70代後半。50年以上も路上に立ち続け、スナップ一筋で今なお撮り続けているというのは並大抵のことではない。
「写真なんて現実のコピーにすぎない」などとうそぶいているのは単に表面的なポーズに過ぎず、撮り続ける原動力になっているのは、確固とした思想、哲学、信念に他ならない。
 そして何より写真を撮ることが心底好きな人なんだなと今更ながら思うのだった。

 そんなこともあって、今日はモノクロ道行き風景をお送りします。




道に花束





無人の団地と配水塔





道ばたの雪だるまの残骸





工事中の警備員





捨てられた便器





道に落ちていた紙飛行機





壁の手跡





駆ける少女





切り出された石





捨てられた店看板

 

モノクロ道行き風景

モノクロ(Monochrome)
鉄塔

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 他



 今日はモノクロ・シリーズをお送りします。




横切る黒猫





電線と飛行機





ススキと瀬戸デジタルタワー





道に散らばっている何か





水たまりに映る冬枯れの桜





日本バプテスト名古屋キリスト教会





電線とカラス





フィルムケースの蓋





映る影の自画像





四阿の上のカラス

 

モノクロ道行き風景

モノクロ(Monochrome)
電線と街の鳥

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4



 カラーで埋もれている在庫写真をモノクロで救い出す。
 カラーでは面白くない写真がモノクロで生き返ることがある。それは撮った本人ならではの主観的な問題かもしれないけど、確かにそういうことがある。
 もちろん、逆もある。カラーで魅力的な写真がモノクロで魅力を失ってしまうことの方が多い。
 カラーの魅力は色で、モノクロは影だ。光はどちらも重要だから決め手にはならない。
 最初からモノクロで撮ると決めているときは、何よりもまず影を見なければならない。いい影を見つければいいモノクロ写真は撮れたも同然だ。
 今日はモノクロ道行き風景をお送りします。




冬の田んぼ風景





坂の街





古い講堂





茂みのノラたち





街中の小さな神社





雲と東山スカイタワー





冬枯れの木





半田赤レンガ





枯れススキと西日





住宅と月

 

年末モノクロ風景

モノクロ(Monochrome)
クレーン

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 他



 クリスマスも終わって、あとは年末へ向かうだけとなった。
 このまま撮影に行かなくてもネタ切れを起こさず年を越せるかどうか、少しきわどい。
 そんな中、今日はモノクロ写真をお送りします。




月と冬枯れ木立





道ばたの落ち葉





モノトーンの街並み





屋根瓦





走る猫





電柱と信号機





廃バス





売り地





石垣と木の根





坂の街

 
  • ホーム
  • ‹ 前
  • 次 ›