3年目の農業センターしだれ梅を今年もまた撮りきれず<前編>

花/植物(Flower/plant)
しだれ梅-1

FUJIFILM FinePix S2 pro+Nikkor 35mm f2D / TAMRON SP 90mm f2.8 / TAMRON 17-35mm



 3月も半ばに近づく中、今年はいまだに梅をまともに撮っていない。今年の冬は寒かったから、梅がなかなか満開にならないのだ。毎日ネットで情報を見ていてもいっこうに満開になったという報告がない。うちの近所の梅林もようやく7分咲きといったところで進まない。
 とうとうこらえられなくなって今日、本命の農業センターへ行ってしまうことにした。まだ5、6分咲きとのことだったけど、もう待っていられない。満開ではなくても咲いているところを撮ればいいのだ。それに、梅でも桜でも満開よりも蕾が残っているときの方が花がきれいというのもある。
 今日行っておいたのは間違いではなかった。見頃は今週末くらいだろうけど、そんな激混みの中を行く勇気はない。来週になってしまうともう遅かっただろう。
 夕方の閉園1時間前というのに駐車待ちの車が長蛇の列を成していた。しだれ梅まつりのときに行くのは初めてだったから、聞きしに勝る渋滞だ。名古屋方面から行くと「農業センター北」交差点でみんな右折しようとするから、ずっと手前から大渋滞になる。反対側からアプローチしてもあまり変わらない。でも、裏技がある。農業センター北の交差点を右折せずにそのまま直進して、最初の分離帯の切れ目で右折して細い道に入っていく。そうして道なりに右へ曲がっていくと臨時駐車場があるので、そこにとめればいいのだ。時間帯にもよるだろうけど、私が行ったときは待ち時間ゼロで駐車スペースもまだ空いていた。料金は同じ300円だけど、歩くといっても2分くらいのものだし、渋滞なしだからこちらにとめない手はない。これから行こうと思ってる人は絶対こちらがおすすめだ。週末はさすがに待ちが発生するだろうけど、それでも通常の駐車場よりはましなはずだ。

 そんなわけで、しだれ梅を撮ってきた。また枚数が多くなって一回に収まりきらなかったので、前後編2回に分けることにした。
 今回はレンズを4本持ち込んで(SIGMAの55-200mmも使ってる)、できるだけ多様な撮り方をしようというのがテーマだった。成功度というか満足度は、うーんとうなってしばらく考えて、60から70パーセントくらいだろうか。
 時間は1時間あったし、光も必要充分で、レンズにも不足はない。この条件で思い通りの写真が撮れないとしたら力がないということだ。言い訳は出来ない。そう思うと、またもや実力のなさを思い知って敗北感を味わうこととなった。
 上手い写真を撮りたいわけではなくて、いい写真が撮りたい。でも何をもっていい写真とするかが自分の中でもはっきりしてないから、完成図をイメージして撮ることができない。たまに当たりがあってもそれはまぐれ当たりにすぎなくて、たまたま振ったバットにボールが当たってヒットゾーンに落ちたというだけだ。ねらい撃ちで右中間を破ったわけではない。
 ひとつ分かっていることは、いい写真というのはパッと見たときに、あ、いい写真だなと思う写真だ。料理でいえばひとくち食べて反射的に美味しいっと思うようなものだ。美味しいものを食べたときは、その料理にどんな食材が使われていてどんな調理法をしてるとかなんてのは考えない。ただ単純に美味しいと思うだけだ。写真にも同じことが言える。上手いなと思われたらそれはたぶんいい写真ではないのだ。映ってる被写体と見る人との間に写し手がちらつくのはよくない。
 いい写真を撮るためには、被写体と自分とがもっと直接つながらないといけないのかもしれない。そうやって写し取った被写体は、見る人とも直接つながるだろうから。テクニックではなく姿勢の問題だということが最近少し分かってきた。まだまだ道のりは遠い。
 とはいえ、練習なら自分ちでひとりでやってくれってなもんで、こうして見てもらうために撮る写真なのだから、現状の力で精一杯誠実に撮らなければいけないとも思っている。何か心に引っかかったり、ヒントやきっかけになるものがあればいいのだけど。私も人が撮って見せてくれるたくさんの写真から刺激をもらってるから。
 前置きが長くなったけど、農業センターで撮ってきたしだれ梅の写真をお届けします。

しだれ梅-2

 しだれ梅の咲き具合は、全体で6分咲きくらいだろうか。品種によって満開に近いものからまったく咲いてないものまで差が大きい。印象としてはまだ少し早い。もう3、4日待ってちょうどいいくらいだろう。今日から急激に暖かくなったから、ここからは駆け足になりそうだ。やはり見頃は今週末か。

しだれ梅-3

 駐車待ちの渋滞はひどいものの、中に入ってしまえばそんなに混雑しているわけではない。適度な賑わいがあって、ちょうどいいくらいだ。写真もわりとゆっくり撮れる。
 老若男女の撮影会がすごい。ここ数年でデジカメ人口というのは本当に増えた。今はシルバー世代でも携帯カメラを使いこなしている時代だ。孫に画像を送ったりしてるんだろうか。
 白レンズ、赤帯、三脚組も当然いる。

しだれ梅-4

 じいちゃんがフィルムカメラで写真を撮っている姿に惹かれる。
 写真というのは未来に向けて残すものだけど、今現在を楽しむものでもある。自分がこの世からいなくなっても写真は残る。残したものを受け取ってくれる人がいれば、それは幸せなことだ。
 もしこの年代まで自分が生きたとして、そのとき私は何を思いながら写真を撮るのだろう。

しだれ梅-5

 女性の一人撮影隊もけっこういる。シルバーや家族連れ、カップルだけではなく、バラエティーに富んでいるのもここの特徴だ。異人さんまでいた。しかも、ドイツ人。

しだれ梅-6

 梅だけ撮っても楽しくないので、私の撮影は人を探しながらとなる。
 いい被写体を見つけたときがシャッターチャンス。梅は二の次なのだ。

しだれ梅-7

 竹林とその向こうのしだれ梅の組み合わせは、農業センターの定番撮影スポットだ。でも、ここから上手く撮るのは難しい。今回も再挑戦で何枚も撮ったのに、気に入るものが一枚も撮れてなかった。
 結局は人入り写真になった。

しだれ梅-8

 托鉢の坊さんが立っていてちょっとびっくり。なんでこんなところに? 農業センターと関係あるんだろうか。こういうのって許可がいるんだろうかなんて思ったり。
 托鉢は、盲導犬の募金や赤い羽根募金とは違うから気軽に100円入れるとかはできない。そもそも、どういう目的でここで托鉢をしてるのかも分からない。お困り度も不明で、10円とか渡しては失礼になりそうだし、千円札では逆におかしいし。それとも、自分のためにするものなんだろうか。

しだれ梅-9

 駆け回るチビ。梅なんてどーでもいいのだ。見たい親の付き添いで来てるだけだから。
 子供たちにとっては敷地内にいる牛とかニワトリとかの動物や、ソフトクリームなんかの方が楽しみに違いない。

しだれ梅-10

 少しくらいはしだれ梅がきれいに咲いているところを紹介しないとまずいだろう。これもちらっと人が入ってるけど。

しだれ梅-11

 ピンク色のしだれ梅は、とても華やかだ。普通の梅よりも花のボリュームがあるから、ゴージャスでもある。
 完全な満開よりもこれくらい蕾があった方が上品かもしれない。
 しだれ梅は、しだれ桜よりも撮るのが難しい。しだれ桜は並木として撮ればいいけど、しだれ梅は単独でいいポイントを見つけないといけないから。どこをどう撮っていいのか、最後まで確信が持てないままだった。

しだれ梅-12

 強い逆光も場所を選べば撮影ポイントになる。順光だけがきれいに撮れるわけではない。
 確かに逆光は失敗確率が増えるけど、デジならあえて逆光を選んで撮ってみてもいい。順光にはない印象的な写真になることもある。

しだれ梅-13

 最後もやっぱり人入り写真で。花名所には年配夫婦がよく似合う。

 前半はここまで。
 こうして並べたものをあらためて見てみると、まだまだ偏りがあることに気づく。もっといろんな撮り方ができるはずなのに、スタイルが固まってしまっている。
 気に入った写真は、TAMRONの90mmで撮ったものが多い。マクロ専用と思われがちなこのレンズだけど、実はポートレートにも向いている。離れても近づいても写りは申し分ないから、こういう場所でも持っていくことをオススメします。
 便利なズームレンズではなくて、不自由な単焦点の方がいい写真が撮れることが多いというあたりにも、いい写真を撮るためのヒントがありそうだ。
 後編につづく。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • 2008/03/12 19:02
    自分的には、走るちびすけwがいいです

    花の写真って、撮りごろが難しいですよね、まぁ風景写真もそうだけど

    じっくり撮ることができない自分には難しいジャンルですwww

  • フレームイン
    2008/03/13 04:57
    ★ただときさん

     こんにちは。

     あの走るチビは、突然フレームインしてきたんですよ(笑)。
     シャッターチャンスは1秒もなかったくらいだけど、そのわりにはいいタイミングになりました。
     駆けている足の位置もいい感じで。
     そういう幸運もありますね。

     桜も梅も満開が見るには一番いいのかもしれないけど、撮るなら8分咲きくらいがベストって言いますよね。
     確かに満開になると花が開きすぎたり、枯れかけたりするから、手前くらいがいいんだろうなとは思う。
     ぼやぼやしてると、すぐに桜が咲いてきそうですね。この前まで雪だったのに、もう桜かい。
  • 2010/02/02 07:59
    昔の写真にコメント、ごめんなさい。
    はじめまして、真弓の実と申します。

    ひょんなことから、こちらのブログに飛んできました。

    凄く綺麗ですね。
    会社の都合で、1月~3月末まで名古屋に長期出張中なのですが
    この場所に行ってみようかなと思いました。


    またコメントするかもしれません。
    その際はよろしくおねがいいたします。
    この記事だけでなく、
    美しい写真の数々、とても見入ってしまいます。
  • しだれ梅ももうそろそろ
    2010/02/02 22:07
    ★真弓の実さん

     はじめまして。
     コメントありがとうございます。

     そろそろ梅の季節ですね。
     真弓の実さんは、名古屋にしばらく滞在中ですか。
     それならぜひ、平針の農業センターも訪れてみてください。
     梅名所はいろいろあるけど、しだれ梅があれだけたくさん咲いているところは他にないから。
     地下鉄平針駅から歩いて20分くらいかかってしまうのが難点です。
     車だと渋滞があるし。

     名古屋もけっこういいところがいろいろあるから、滞在中にあちこち見て回って少しでも好きになってくれると嬉しいです。
     このブログが少しでも役に立つといいのですが。
コメント投稿

トラックバック