安定飛行のはずが不時着サンデーになってレンガ生チョコに話題転換

料理(Cooking)
不時着サンデー

Canon EOS 20D+EF50mm F1.8 II



 今日は奇をてらわず素直な心で美味しい和食を作ろうと考えた。余計なことはしないから安全飛行、安全着陸になるはずだった。しかし、得てしてそういうときにこそ危険が潜んでいるもの。自分でも思いがけないくらいの失敗サンデーとなった。
 今日の料理ははっきり言って美味しくなかった。ここまでの失敗というのはかなり久しぶりだろう。味そのものに対する不満がこれほど大きかったのは初期以来かもしれない。見た目は悪くないから、写真からはどこが悪かったのかは伝わりにくいと思うけど。
 完成したときどれも冷めてしまったというのが一番の致命傷だった。味付けも薄めでパンチに欠けていた。いろんな部分でタイミングが悪くて、それが重なって、悪い結果へとつながった。今日に関しては反省の言葉しかない。悔しくもあり、まだまだ力不足というのを思い知った。一通り作れるようになったといい気になっていたけど、そうじゃなかった。

 左手前は、マグロのあぶり焼きわさびしょう油味なんだけど、まずはこれがよくなかった。
 マグロをあぶり焼きにするところを焼きすぎた。最初は半生で止めたのに、早く作りすぎて、食べる前にもう一度温めたのがよくなかった。味も付けようと、わさびしょう油ダレ(しょう油、わさび、塩、コショウ、レモン汁、一味、酒)を塗って焼いたことでますます焼きが入りすぎた。冷めてもいいから半生にして、しょう油ダレを付けて食べるようにすればよかったのだ。
 大葉との相性はよかったから、そこに可能性は感じた。大葉巻きにして蒸し焼きにしてもよさそうだ。
 右は惜しい失敗だった。ジャガイモをスライスして水にさらしたあと塩を振って、カタクリ粉をまぶす。
 タマネギとウィンナーをオリーブオイルで炒めて、スライスジャガイモとバターも加えて炒める。最後に青のりと粉チーズを振りかけるというアイディアも間違っていなかった。問題は、いくらスライスとはいえ、ダイレクトに炒めたくらいでジャガイモが柔らかくなるものではないということを知らなかった私の無知にある。このあたりが素人の浅はかさで、オレ流ゆえの悲しさだ。
 ジャガイモは、カタクリをまぶして揚げるか、もしくは茹でるか、レンジで加熱するか、何かしなければいけなかった。中途半端にシャキシャキした歯ごたえが不味さにつながってしまった。
 味付けは、マヨネーズ、しょう油、からし、塩、コショウで、これはよかった。ジャガイモさえほくほくしていたら成功だったはずだ。
 奥のナスと豆腐の味噌焼きそぼろ乗せは、今日の中では一番まともな出来だった。
 ナスはやや厚めにスライスして水につけてアクを取る。絹ごし豆腐はペーパーである程度水分を吸わせる。
 味噌ダレは、白味噌、酒、しょう油、みりん、塩、コショウ、一味で作って、それを表面に塗りながら魚焼きグリルであぶり焼きにする。アミだと落ちるのでアルミホイルを敷く。
 途中で2度3度とひっくり返し、味噌ダレを塗ってゆっくり仕上げていく。ナスも同様に焼く。
 そぼろはツナ缶で作った。味付けは、しょう油、酒、みりんで。
 これは失敗しようがない料理なんだけど、魚グリルの中でその存在を忘れていて、食べるときに冷めていたのがなんともはやだった。間の悪さが最後まで続いた。少し焦げ気味だったので、それ以上焼かずに食べることにした。熱々だったらこれも申し分なく美味しくなっていたはずなのに。

 今日の失敗を今後の糧としたい。失敗は成功のマザーだとかつて長嶋監督は言った。鯖のことをさかなへんにブルーとも言ったけど、それはちょっと違う。
 それはともかくとして、やっぱり料理は難しい。出来るということと上手に出来るということはまったく別のものだ。一般人が字を書くことが出来るのと書道家が字を書くのとが別なように。
 私の場合は料理の基本ができてないから、もう一度基本に立ち返る必要がある。ちゃんと料理の本も読んで勉強しないといけない。
 基本の料理を基本通りに作ることは、私の永遠のテーマなのかもしれない。まともなスケッチもできないのにピカソの絵を真似てもデタラメなものになってしまうのは当たり前の話だ。料理もデッサンの段階から出直すべきだろう。
 定食屋の料理と同じものが作れるようになって初めて、レストランで出る凝った料理が作れるのだということを思い知った。

レンガ生チョコ

 口直しに生チョコ写真を載せつつ作り方を紹介して料理の失敗を誤魔化そう。
 バレンタインにもらった手作り生チョコがあまりにも美味しくてあっという間に食べてしまって、もっと食べたくなって自分で作ることにした。そういう男性は世の中では少数派だと思うけど、作ってみれば難しくはないから、ぜひ自力で作ってみることをオススメしたい。
 まずは板チョコ3枚(200g前後)と生クリーム、純ココアを買ってくる。できればバターとハチミツも用意したい。ココアは味付けのものだと甘くなりすぎるから、砂糖の入ってない純タイプの方がいい。
 買ってきた板チョコをこれでもかとみじん切りに切り刻む。これが正直面倒というか、手間と時間がかかる。包丁の切れ味も悪くなるし、手も痛くなってくる。でもこれをやらないとまろやかにならないし、やることで女の人がどれだけ苦労して生チョコを作っているか身に染みるという効果があるので、やらねばならない。一心不乱に刻んで15分か20分かかる。
 でもそこを乗り切ればあとはもう簡単だ。生クリーム100ccとハチミツ小さじ2を鍋に入れて加熱して、沸騰直前で火を止めてコンロからおろす。そこに刻んだチョコを入れて、ちょっとの間かき混ぜずにおいておく。30秒くらい。
 あとは優しくかき混ぜていく。あまりガシャガシャしない。ある程度混ざったところで溶かしたバター10gも加えて、最終的になめらかになったら生チョコの完成だ。
 それを適当な大きさのトレーみたいなのに入れるわけだけど、これが意外とないので困る。買ってくれば済むことだけど、このためだけに買うのももったいないような気もする。大きな角皿とか、タッパーとか、そのあたりで代用してもいい。
 クッキングペーパーか、サランラップを敷いて、チョコを流し入れる。このときのチョコの厚みで完成したときの形も決まってくるので、厚さは好みで決める。レンガ風なら平たく、サイコロ状なら厚く。
 冷蔵庫で2~3時間くらい冷やすと固まるので取り出して、包丁で好きな大きさに切り分ける。時間の余裕があれば一晩置いた方がいい。包丁は温めた方が切りやすい。
 切り分けたものに茶こしなどでココアを振りかけてまぶしていけば完成だ。
 生チョコ作りは、決して難しくはない。ケーキのように失敗することも少ない。手間暇かかるといってもスポンジケーキほどではないから、作ってみる価値はある。
 味はとにかく美味しい。こりゃずるいでしょうっていうくらいだ。柔らかな食感と口溶けは、板チョコだったときからは想像できないほどの変貌を遂げる。チョコの甘さとココアの苦みがマッチして、非常に上品な甘さでもある。チョコが苦手じゃなければ、まず間違いなく美味しいと思うはずだ。
 私が作ったのはまぶしている段階でチョコがあっちこっち移動して不格好な出来になってしまったけど、ちゃんと順列を乱さなければ店売りにも負けないれっきとしたレンガ生チョコになる。
 私はチョコのお返しにホワイトデーにホワイト生チョコバージョンを作る予定だ。男子諸君も作って学校や職場に持っていって人気者になろう。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック