何もない賢島で思う何もないことの贅沢

観光地(Tourist spot)
賢島断片-1

FUJIFILM FinePix S2 pro+VR Nikkor 24-120mm f3.5-5.6 / DMC-TZ1



 宇治山田駅から賢島行きの普通列車に最後まで乗っていたのは、私と写真の女性の二人だけだった。平日の昼過ぎはいつもこんなものなんだろうか。ここまで貸し切りに近い状態になるのはバスでもめったにないことなのに、電車となると更に珍しい。ありがたいような申し訳ないようなだ。近鉄、大丈夫だろうかと少し心配になる。賢島に住む人たちは、この路線がなくなってしまうと困るだろう。


賢島断片-2


 賢島へ向かう途中、何度か黄色い特急に追い越された。写真の真ん中に写ってるやつだ。近鉄は特急がすべてにおいて優先されるようになっていて、シモジモの急行や普通列車はホームで特急様が行くのを待っていなくてはならない。下手すると10分くらい待たされることもある。
 こんな黄色電車は初めて見た。いつから走ってるんだろう。近鉄特急といえば昔からオレンジと紺のツートンカラーと相場が決まっていたはずだ。あれもまだ走っているけど、この路線は黄色いのがメインのようだった。
 調べてみたところ、1994年にオープンした志摩スペイン村への輸送のために導入されたものだそうだ。黄色は太陽をイメージしたカラーなんだとか。
 一度くらい記念に乗ってみたい気もする。シートも急行とは比べものにならないくらい良いのだろう。


賢島断片-3


 賢島駅の裏手はこんな感じになっている。駅舎はわりと新しかったから最近建て替えたのかもしれない。
 隣は食堂兼おみやげもの屋で、入るのには勇気が必要だ。中をちらっとのぞいたら店主らしき人が暇を持て余してるようだった。ここに一人で突っ込んでいってマンツーマンで真珠うどんを食べるほど私は社交的な人間ではない。おなかも空いていたし、真珠うどんがどんなものか食べてみたい気もしたのだけど。


賢島断片-4


 賢島に降り立った観光客の大半は、二手に分かれる。ひとつは表玄関から北の志摩マリンランドを目指すグループ、もう一つは南から英虞湾の周回クルーズに向かう団体だ。私のように無目的に島に行って島内の散策をしようなどという人間は少ない。
 バイキングの海賊船みたいなのが海にいた。大航海時代の帆船をイメージして作られているんだとか。
 スペイン語で希望を意味するエスペランサと名づけられた船で、一周50分の英虞湾クルーズを楽しむことができる(1,500円)。
 途中で真珠工場に立ち寄って真珠の核入れ作業を見学するそうだけど、それはみんなが望むことなのかどうか。物珍しくはあるだろうけど。


賢島断片-5


 見たときは噴き出してしまった唐突なウルトラマンの人形。真珠とウルトラマンは一切無関係なはずだけど、店主の趣味だろうか。
 実はこのあとここの工房でお世話になるのだけど、ウルトラマンについては訊ねることができなかった。たぶん、これはこれで間違っていないのだ。何度も前を通っているうちに見慣れてきてそう思うようになった。


賢島断片-6


 島一番の老舗、松井真珠店。寅さんのロケ地となった店だということは前回も紹介した。
 こちらはあとから建て増した方で、元々あった店舗はそれはもう年季が入っている。歩くと床がミシミシきしみ音を立てる。帳場というか作業場も昔の姿そのままで、これはすごいなと思わせた。この店を見るためだけでも賢島に行く価値があるといっても大げさではない。
 商品の真珠は一級品揃いで簡単には手を出せない。本気で真珠を買いたい人ならいいけど、5,000円くらでちょっとしたおみやげをなんてつもりで入っていくと買えるものがほとんどない。一番安い淡水真珠のストラップとかでも2,000円以上だった。


賢島断片-7


 この島に住む多くの人は真珠関係の人なんだろうと思うけど、中にはこんな立派な家も建っている。
 かつてこの島は、海の軽井沢にしようということで開発されたところだった。昭和初期に鉄道が開通するまでは無人島だったのだ。最初から観光地として始まったわけではないから、位置づけが半端になってしまったのだろう。こんな不便なところを別荘にしようとする人は少なく、後付けで観光地にしようにも人を呼び寄せる要素に欠けた。きれいな砂浜でもあれば夏場の海水浴客も期待できたのだけど、そういうところもなかった。今後もこれ以上開発しようとせずに、真珠の島として島民の生活を守ることを第一に考えていく方向のようだ。


賢島断片-8


 港というと潮くさいようなイメージがあるけど、ここはあまり匂いがしない。それだけ海がきれいということなのだろう。港くさいというのは、実はあまりきれいじゃない証拠だ。
 観光地らしい観光地じゃないから海も汚れていない。海に生きる島民が自ら海を汚すようなこともしない。汚い水ではアコヤ貝も育たない。
 普段から風もあまり吹かないところなのか、波はあくまでも穏やかだ。入り組んだ入り江の地形ゆえかもしれない。


賢島断片-9


 のんびり作業をするお父さんとお母さん。
 自分がここに住んでこんな暮らしができるかと自問してみると、それは無理という答えが返ってくる。よそ者として見てるぶんにはいい光景だと思う。


賢島断片-10


 見回りにきたらしい真珠のご主人。
 真珠作りなんて、アコヤ貝に核を入れて、あとは真珠になるのをじっと待っていればいいんだろうくらいに思っていたら、そんな簡単なものではない。調べてみると、それはもう、大変なのだ。
 まずはアコヤ貝を育てるところから始める。小さな状態から親になるまで世話をして育てて、母親となるアコヤ貝に別のアコヤ貝から取った外套膜を細かく切って細胞を核にくっつける。これが真珠の中心となり、これに何層もの真珠層が重なって最終的に私たちが知る形の真珠となる。
 夏には貝に付くフジツボなどを取り除き、冬に水温が下がったら暖かい水温のところへ移動させ、また春になったら戻し、赤潮などに気を配り、エサのプランクトンもきちんと管理しなくてはいけない。ぼーっと待ってるだけじゃ駄目なのだ。
 真珠の出来も熟練の技に運の要素も加わってくるから賭けのようなところもある。天候不順で痛手を負うのは農作物と同じだ。素人が思いつきで脱サラしてやれるようなものではなさそうだ。


賢島断片-11


 電話ボックスらしきものとセルフのガソリン給油機みたいなのがドッキングしていて、何だろうと興味を持った。ボックスの中を見ると、料金支払機のようなものが入っていた。今はもう使われてないようだけど、昔はセルフの軽油給油機だったようだ。
 でもやっぱりこれ、電話ボックスだよなぁ。

 以上、私の賢島レポートを3回に渡ってお送りしました。
 なかなかに遠いところだからよかったら行ってみてくださいと気軽には言えないけれど、もし機会があれば一度ぜひ訪れてみて欲しい。正直、見所は少ないと思う。ただ、不思議な魅力があって、ぼんやりとした印象が長く残るところだ。個人的には行ってよかったし、賢島は好きなところだと今ははっきり言える。中途半端に頑張ってないところがいい。私たちは用意された道具立てに慣れすぎているのかもしれない。楽しみというのは本来、与えられるものではなく自分で見いだすものだ。
 賢島の一番の魅力は、何もないところだ。それは皮肉とかではなく、我に返るというか、そうかそうだよねと、なんだか妙に納得するものがあった。日常を離れて非日常を求めてどこかへ行くとき、それはたくさんの要素が溢れた楽しいところではなく、その対極にある何もないところであってもいい。楽しまなければならないという義務感や時間や予定に追われる切羽詰まったような感覚から解き放たれるには何もないというのが大切なんだと気づく。盆暮れに帰る田舎の退屈さみたいなもので、これは現代の私たちにとってはとても贅沢なことなのだろう。
 これでいったん賢島編は完結ということになる。あとは番外編として志摩マリンランド編が2回か3回ある予定だ。あそこもまた素敵な昭和水族館だった。これでもかと繰り出される地味水槽にノックアウト寸前の私。途中からヘラヘラ笑いが止まらなくなった。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • 2007/12/31 08:29
    なぎの海がやはり、イメージとして残りました
    時計をあまりみる必要のないところなんでしょうね

    船の屋根の緑がいい感じで出ていますね
    この島にS2Proはあった発色をしているように感じます

    今年もいろいろ楽しい記事をありがとうございました

    来年も宜しくお願いいたします
  • 2007/12/31 21:54
    こんばんは、オオタさん。
    お久しぶりです。
    いつも、こそっと覗き逃げしてます。(笑)
    で、今日はオオタさん家に調べ物に来たのですが。
    一つリクエストです。カテゴリーに「名古屋」プリーズ。(笑)
    賢島に無関係のコメントでゴメンなさい。m(__)m
    伊勢は小学校の修学旅行が最後の私です。
    また、来年もヨロシクでーす!v-263
  • 山の民
    2008/01/02 23:30
    ★ただときさん

     こんにちは。
     島の暮らしと山の暮らしとどっちがいいんだろうってときどき考えます。
     島の方が食べるものに困らなそうってのはありそうですね。
     でも私は基本的に山の人間だと思ってるから、島で暮らしてる自分の姿って想像できないです。
     海に対しては憧れでいいのかなと。

     S2proの発色がどのシーンで一番効果的なのかはまだ見極められてません。
     黄色がどうも上手く出ない感じなんですよねぇ。
     青空もちょっと色が変。
     今日水族館の写真をRAW現像してたんだけど、ここはなかなかよかったです。
     こういう派手な色でも破綻しない被写体向きなのかな。
  • 豪州の新年はどうしてますか?
    2008/01/02 23:39
    ★きんぎょさん

     こんにちは。
     ホント、すっかりご無沙汰してしまって。(^^;

     豪州では新年の挨拶ってしますか?
     そもそも、A HAPPY NEW YEARって挨拶も英語として成立してるんだろうか。
     覚え立ての中学生くらいのとき年賀状で使って以来だ。(^^;

     豪州ではどんな年末年始を過ごしてますか?
     新年の国民的祝日ってのもそんなに長くないんですよね。
     またそちらの話を聞かせてください。

     カテゴリーに名古屋ですね。
     そうなんですよ、このカテゴリーが未整理のまま増えてしまって、一度整理しなくてはいけないって思ってたんです。
     そのときは名古屋カテゴリーも作りますね。

     志摩方面は関西人のちびっこたちにとっては定番の修学旅行先なんですね。
     私たちが京都奈良へ行くようなものかな。
     鳥羽とかも含めるとあのあたりは見所がたくさんあるから、今年も一度くらい行きたいと思ってます。
コメント投稿

トラックバック