熱いカップルの背中越しに凍えながら花火を撮る2007年クリスマスイブ

花火(Fireworks)
名古屋港花火1-1

PENTAX K100D+SIGMA 17-35mm f2.8-4



 クリスマスイブはネットをお休みするなどといいながら、深夜にのこのこと出てきてしまった。今日の旬は今日のうちにと思って。
 今年もまた去年に続いてクリスマスイブの名古屋港花火「スター☆ライトHANABI」をツレと見に行ってきた。
 やっぱり今年も猛烈に寒かった。冬の夜の海辺は近づくもんじゃない。
 それでも花火はきれいで感動的で、冬空の澄んだ空気を切り裂いてパッと散る花火は、夏花火とはまた違ったよさがあるのだ。だから、寒いと分かっていながら今年も行ってしまったのだった。
 2007年は名古屋港開港100周年ということで、打ち上げ花火は質量ともに去年を上回っていた。前半は出し惜しみという感じで単発ものが多くてやや盛り上がりに欠けたのだけど、後半から終盤は景気よく連発して見応えがあった。夏とは違って長々とはできないから、30分という時間の中であれくらいのボリュームがちょうどよさそうだ。途中のクリスマスのお話は特に必要ないから、20分に凝縮してしまってもいい。メロディ花火と銘打って、バックに曲を流しながらの打ち上げ花火というのも選曲によっては効果を発揮する。今年のミスチルはよかった。

 今回もいざ本番となると設定をいろいろ変えて撮るといった余裕もなく、上がった花火に反応してパチパチ撮るにとどまった。
 打ち上げ花火の撮影というのはやはりなかなか難しくて、同じ撮り方では似たような写真ばかりになって面白くない。途中でレンズ交換なんてしてる暇もなく、いったん場所を決めたら周りの状況からもなかなか移動するのは難しい。
 それに、手ぶれ補正があるとはいえ、手持ち撮影はさすがに苦しい。シャッタースピードも限られてくるから、撮影の幅が生まれにくい。できることなら避けたいけど、もっとしっかり撮りたければ三脚しかないのだろう。
 枚数だけはたくさん撮ってきたから、今日は第一弾として10枚並べてみる。去年と比べて少しは成長してるだろうか。

名古屋港花火1-2



名古屋港花火1-3



名古屋港花火1-4



名古屋港花火1-5



名古屋港花火1-6



名古屋港花火1-7



名古屋港花火1-8



名古屋港花火1-9



名古屋港花火1-10



 狙ってここを陣取ったわけではないけど、結果的に写り込んだカップルが効果的だった。視界がクリアで花火しか写ってなければ個人的に満足のいく結果にはなってなかったはずだ。いいところに入ってくれた。
 第二弾としてあと10枚出す予定でいる。今日はここまで。
 みなさん、よいクリスマスを。だって本番は25日の明日だから。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • 手持ちで岡持ち☆
    2007/12/25 09:53
    こんにちはー☆
    手持ちでこれだけのクオリティ!
    流石『歩く三脚』とまで言われたオオタ氏だけのことはありますねw
    寒い中カップルの熱気と花火の素晴らしさで寒さもちょっと忘れるぐらいだったのでしょか。。
    昨晩ぐらいはシートレインランドも活気に満ちていましたかねw
  • 手よ止まれ
    2007/12/26 06:55
    ★mimiさん

     こんにちは。

     花火撮りは、いろいろ試そうと思うんだけど、いざ始まってしまうとなかなかそんな余裕もないまま、ただ撮るだけで終わってしまいがちです。(^^;
     でも、やっぱりK100Dの手ぶれ補正はなかなか優秀ですね。1/4秒あればあまりブレずに撮れる。
     歩く三脚とまではいかなくても歩く一脚くらいまではいきたい。

     シートレインランドはどうだったんだろう。あっちまで見に行けなかったんだけど、イブでも閑散としてたら笑います。いや、笑い事じゃない(笑)。
コメント投稿

トラックバック