一筆書き

言葉(words)
ハクモクレン

 人生は一筆書きの絵のようなものだ。
 線の引き直しも、塗り直しもできない。
 上塗りもできない。
 ただ一方通行に描いていくだけだ。
 失敗や間違いはある。
 計算が狂ったり、思っていたのと違う色になったりもする。
 でも、それはそれでかまわない。
 失敗も、間違いも受け入れて、どんどん描いていくだけだ。
 塗り間違えたから塗り直そうなどと思うことはない。
 完成もない。
 人生を終えたときまでに描いた絵が完成作だ。
 傑作でなくても、わりといいのが描けたなと思えれば充分だ。
 完璧な絵が存在しないように、完璧な人生もあり得ない。


記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • No title
    2024/03/27 10:47
    線に例えるのは良いのですが 実際描く線は重複・重なるものです
    それを経験と呼びます 自然なことです
    およそ命ある者は良くも悪くも経験を通し学び生きていくものです

  • たとえ
    2024/03/27 15:57
    >aozoratenki2さん

     こんにちは。
     コメントありがとうございます。

     たとえが適当ではなかったかも。
     後戻りできないということを言いたかったのだけど。
     もう少し別のたとえを考えます。
コメント投稿

トラックバック