愛知県一宮市木曽川町の籠守勝手神社

神社仏閣(Shrines and temples)
籠守勝手神社

 在庫神社写真シリーズの今回は、愛知県一宮市木曽川町黒田の籠守勝手神社(地図)です。
 前回紹介した割田天神社から見て1.2キロほど東北に位置している。
 もともとの通称だった籠守勝手神社(こもりかってじんじゃ)に改称したのは明治のことで、それ以前は黒田神社と呼ばれていた。
 真清田神社と継体天皇の秘話を書いた『真清探當證』(ますみたんとうしょう)によると、真清田神社はもともと真黒田神社と呼ばれていたといい、籠守勝手神社こと黒田神社も歴史の重要な役割を果たしたとされる。
 一宮と億計王(仁賢天皇)・弘計王(顕宗天皇)兄弟の話は非常に面白いのだけど、書くと長くなるので今回はやめておく。
 籠守勝手神社については、名古屋神社ガイドの市外編で書きたいと思っている。

 写真は2018年8月に撮影したものです。



籠守勝手神社社号標




籠守勝手神社正面鳥居




籠守勝手神社参道と境内




籠守勝手神社太鼓橋




籠守勝手神社拝殿前




籠守勝手神社祭神

 祭神が瀬織津比咩命と淀比咩命になっているのも意味深だ。
 淀比咩命は馴染みのない神だけど、神功皇后(気長足姫尊)の姉妹とされている。
 籠を守るというのが通称なら籠は何かということだ。
 籠は竹かんむりに龍と書く字で、丹後一宮の籠神社(このじんじゃ)も使っている。
 瀬織津比咩命は隠された神といういわれ方をすることが多いのだけど、広い意味で伊勢に関係が深い神だ。
 籠神社は元伊勢を名乗り、一宮の黒田の南には今伊勢という地名がある。
 このへんの歴史はいろいろなことが隠されている。



籠守勝手神社社殿横から




籠守勝手神社由緒書




籠守勝手神社神馬像

【アクセス】
 ・JR東海道本線「木曽川駅」より徒歩約10分
 ・駐車場 あり


記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック