伊久良河宮跡とされる瑞穂市の天神神社

神社仏閣(Shrines and temples)
天神神社

 在庫神社写真シリーズの今回は、岐阜県瑞穂市の天神神社(地図)です。
 この前から紹介している大垣の稲葉正成巡りの最後に訪れたのがこの神社だった。
 場所をどのへんと説明するのが難しいのだけど、大垣から見ると北東に当たる。
 最寄り駅は樽見鉄道樽見線の「美江寺駅」だけど、歩いたら1時間近くかかるはずだから、行きづらいところではある。
 どうしてそんな神社にわざわざ寄ったかというと、ここが元伊勢の一つとされる場所だからだ。
『倭姫命世記』によると、宮中から出された天照大神を祀る地を探して倭姫命が各地を巡っていたとき、この地に4年滞在して、その跡地に作られたのがこの天神神社だという。
『倭姫命世記』の中では伊久良河宮(いくらがわのみや)として出てくる。
 これはまあお話で、実際にそんなことがあったわけではないだろうけど、そういう伝承があるということはそれに類することが何かあったということだ。
 元伊勢というのは伊勢の元ということではなくて、伊勢を移したということで、この場合の伊勢は伊勢の神宮がある伊勢を必ずしも指すのではなくて、もっと広い意味での伊勢のことだろうと思う。
 祭神が天照大神ではなく高皇産霊神(タカミムスビ)と神皇産霊神(カミムスビ)になっていることからも、それがうかがえる。
 雰囲気のいい神社で好感を持った。
 詳しい歴史についてはいずれどこかで書く機会があるかもしれない。

 なお、写真は2018年7月に撮影したものです。



天神神社入り口




天神神社参道




天神神社由緒書




天神神社門




天神神社参道




天神神社拝殿




天神神社拝殿内




天神神社本社




天神神社境内社

【アクセス】
 ・樽見鉄道樽見線「美江寺駅」より徒歩約50分
 ・駐車場 なし(スペースあり)



記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック