2024年もそろそろ本格始動のサンデー料理

料理(Cooking)
サンデー料理

 昨日はちょっと出かけていて変則的な一日で、ブログの更新をするのをすっかり忘れていた。今さっき思い出して、あっ、と思った。
 ここまで完全に忘れていたことはあまりなかったと思うけど、昨日の定点観測は飛ばして、今日のサンデー料理にしてしまおう。
 とりあえず寝込んだりはしてなくて元気です。

 サンデー料理も新年3回目となって、ペースはすっかり日常に戻った。
 年末年始が終わってしまったのは寂しいけど、気持ちを先へ向けないといけない。
 春は遠いようで近い。
 あまりのんびりもしてられない。

 この前、神社検定のサイト(web)を見たら、今年から会場試験に戻るとのことでちょっと驚いた。もうずっとオンラインかと思っていた。
 壱級の受験料が7,900円って、また値上がりした? どんどん高くなって、もはや趣味で気軽に受けるものではなくなってしまった。
 感覚的には3,000円くらいのものだと思うけど、皆さんはこの金額設定に納得しているのだろうか。
 愛知県の会場が載っていないのが気になった。まだ決まっていないだけなのか、まさか他県まで行けということか。
 私が受けたときは名古屋女子大学だったけど、コロナで中止になった年は確か愛知県護国神社だったと思う。
 愛知県は受験者がけっこう多いから会場をおさえるのが大変なのかもしれない。

 さて、そろそろ2024年を本格始動していかないといけない。
 名古屋神社ガイドの神様事典は今月中には終わらず来月までかかることになったけど、それが終わったらまた神社巡りを再開する予定でいる。
 春までには市外編を始めたい。
 平行して神社コラムもやっていこうと思っている。



マグロ

「マグロのホイル包み焼き」

 他の料理でコンロが2つとも埋まっているときは魚焼きグリルの出番だ。
 ということで、マグロのホイル包み焼きをした。



ホワイトソース

「ホワイトソースと野菜煮」

 バター、牛乳、小麦粉、コンソメの素、塩でホワイトソースを作る。
 野菜や鶏肉はレンジで加熱して、その後、ホワイトソースに入れて煮込んでいく。



卵焼きとトマトソース

「卵焼きのトマトソース掛け」

 卵焼きはおせち料理のときに作ったけど意外に難しくて奥が深い。
 作ったことがない人はおかずとしての卵焼きにそんなに重きを置いていないと思うけど、作ってみて初めてその難しさを知ることになる。
 卵焼き器で作るのが一番だけど、初心者は巻かない卵焼きの方が失敗が少ない。
 半熟仕上げにするとプルプルのオムレツのような食感になる。


記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック