自分をなげうつ

言葉(words)
セイタカアワダチソウ冬

 自分をなげうてる人間の強みといったものがある。
 自分を守るのは弱さの裏返しだ。
 他者を攻撃する人間はもっと弱い。
 本当に強い人間は他人を攻撃しないし自分を守ることもしない。
 人は子供から大人への成長過程で自分を守る術を身につけていくのだけど、ある程度年を取れば次は自分を守らないことを学ばなければならない。
 それが自分をなげうつということだ。
 自分を守っているうちはまだまだ未熟だということを自覚する必要がある。


記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック