2023年最後のクリスマスイブ感のないサンデー料理

料理(Cooking)
サンデー料理

 今日はクリスマスイブ、らしい。世間では。
 個人的にはまったくクリスマスイブ感のない一日だった。日曜日だったので、大掃除だけは休んだ。もちろん、チキンもケーキも食べていない。
 サンデー料理もクリスマスイブ感の欠片もないいつもの顔ぶれだった。
 来週の日曜は31日の大晦日で、料理はしないから、今日が今年最後のサンデー料理になった。
 それでも特別感は何もない。
 こうして変わらず無事に一日を過ごせるだけで充分だ。

 ここ数日、名古屋もかなり冷え込んでいる。12月の前半が暖かすぎたからその反動だろうか。
 先週、名古屋でも初雪が観測されたそうだけど見ていないので実感はない。
 シーズンに一度くらいは積もった景色を見たいけど、そう何日も雪はいらない。
 ニュースで雪国の風景を見ると本当に大変そうだなと思う。まったくの他人事でしかないのだけど。

 今年も残り一週間で、一年を振り返ってもいいのだけど、振り返ったところで何があるわけでもなく、前を向いて日々を淡々と過ごしていくのがいいのかなと思う。
 やるべきことはある。それをやるかやらないかは自分次第だ。怠けようと思えばいくらでも怠けられる。

 サンデー料理は今年も一年間、休むことなく無事に完走できた。
 始めたのが2005年だから、18年になる。
 週一で回数はたいしたことないけど、歳月としてはなかなかのものだ。
 来年以降も続く限り続けたい。
 次回のサンデー料理は1月7日で、そろそろ正月気分も抜ける頃だ。
 


サーモン

「いつものサーモン」

 エビフライにしようと思ったのだけど、なんとなくサーモンになった。
 今年もサーモンはよく食べた。
 ただ、何ヶ月かサーモンが異常に値上がりした時期があって、あれはちょっと驚いた。高級魚になってもうそんなに食べられなくなるのかと心配したけど、その後値下がりして今は安定している。
 今年は本当に何もかもが値上がりした一年だった。



あげの包み卵

「あげ包み卵」

 見た目ではどんな料理か想像がつかない。
 あげに卵と玉ねぎを包んで焼いて、醤油味を付けたものだ。
 卵だけだと寂しいと思って玉ねぎを加えたけど、玉ねぎに火が通りにくいので、とろけるチーズにすればよかった。



かき揚げ

「ニンジンとゴボウとシイタケのかき揚げ」

 天ぷらをマスターすることがサンデー料理の最終目標で、今年もそれは叶わなかった。
 来年も天ぷらの修行は続く。


記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック