思い出話の必要

言葉(words)
枯れエノコログサ

 亡くなった人の思い出話をしてあげることは大切だ。
 思い出してもらえないことは寂しいことだから。
 年に一度か二度、お墓参りに行くよりも、家族や親しい人たちで思い出し話をしてあげた方がよっぽど供養になる。
 亡くなった人に対して安らかにお眠りくださいなどと言うけれど、向こうではのんきに寝てたりしない。きっと忙しくしている。
 その合間に、ときどきはこちらの様子をうかがったり聞き耳を立てたりしているはずだ。


記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック