あえての逆張り

言葉(words)
光の風景

 皆が欲しがらないものをあえて求めるという手がある。
 仕方なくとか、次善の策とかではなく、積極的に欲しがってみる。 
 そういう意味での”あえて”というのは人生を豊かにするような気がする。
 あえて不人気メーカーのものを買うとか、あえて人気のないアイドルを応援するとか、誰も集めないものをコレクションするとか、そういうことに喜びを感じられたら勝ちだ。
 少しは自分を騙さないといけないとしても、それをよしとすることは不可能ではない。 
 あえての逆張り、逆張りでいくと、何か楽しくなってきそうだし。
 人気の商品は皆が欲しがるなら手に入りづらいけど、不人気商品ならすぐに買えて結果として幸せになれる。
 他人と同じものを欲しがるとか、他人と比べることが不幸の始まりなのだから、そこでの競争意識を排除していくことで心の平安を保てるというのもある。
 他人が欲しがらないものを欲するというのはひとつの生き方としてありだと思う。


記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック