他人の中の自分

言葉(words)
エノコログサと逆光

 人にされて気になることは無意識のうちに自分がしていることでもある。
 そんなことはないと思ったらそれは自覚できていないだけだ。
 人は他人を通して自分を見ている。他人の姿の半分は自分の姿を投影したものだ。
 他人の中に見る長所も欠点も自分自身が反応している部分ということになる。
 逆にいえば、他人もまた自分の中にその人自身を見ているということだ。
 互いが互いを見ているようで実際は自分を見ている。
 ちょうど鏡映しの関係のように。
 そのことに気づけば自分を知る手がかりになるし、人が何を望み、何を嫌がっているかが見えてくる。
 人は自分の顔姿を直接見ることができない。知っているのは鏡に映る自分だけだ。


記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック