愛知県あま市の月之宮神社

神社仏閣(Shrines and temples)
月之宮神社

 デッドストック神社写真シリーズの今回は、愛知県あま市の月之宮神社(地図)です。
 訪れたのは2018年の3月だった。
 どういう流れであま市の神社を訪れることになったのかは覚えていないのだけど、一番の目的は萱津神社(地図)だったのではないかと思う。
 この月之宮神社は萱津神社の境外摂社のような扱いになっているようだ。

 神社は新川の右岸(西側)に位置しているのだけど、新川はすぐ東を流れる庄内川の氾濫を減らすために江戸時代中期に掘られた人口の運河なので、もともとこのロケーションにあったわけではない。
 中世には鎌倉街道が通っていて萱津宿が置かれていた。
 庄内川の渡しがこのあたりにあったと伝わっている。

 月之宮という名前からして月神を祀っていることは分かるのだけど、着きの神から月神に転じたというからちょっと面白い。
 大水のときに流れ着いた神を祀ったのが始まりというから、歴史はそれほど古くないのかもしれない。
 しかし、流れ着いた神とは何だったのか。神像のようなものだったのか、お札の類いだったのか。
 後に月之宮と称するようになり、現在は月夜見命を祭神としている。

 詳しい歴史についてはいつか名古屋神社ガイドの市外編で書きたいと思う。



月之宮神社参道




月之宮神社拝殿内




月之宮神社狛犬

 大正六年の狛犬で、だいぶ摩耗している。



月之宮神社本社

 こぢんまりした本社。
 古くはこの社だけで祀っていたのだろう。
 拝殿などは新しく建て直したものだ。



月之宮神社本社前




月之宮神社境内




月之宮神社落花サザンカ




月之宮神社境内の木

【アクセス】
・公共交通機関 不明

・駐車場 なし


記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック