愛知県西春日井郡豊山町の青塚古墳と冨士神社

神社仏閣(Shrines and temples)
豊山町冨士神社

 デッドストック神社写真シリーズの今回は、愛知県西春日井郡豊山町の冨士神社(地図)です。
 豊山町の八所神社の後に訪れたところで、2018年2月の終わりだった。

 ぱっと見、小高い山の上に神社があるので古墳だなとすぐに分かる。
 古墳は青塚古墳と呼ばれている。
 詳しい調査が行われていないので不明ながら、前方後円墳の後円部分のみが残っていると考えられている。
 すべて残っていれば100メートルを超えるという推測もあり、この地方では大型の前方後円墳ということになる。
 青塚古墳というと犬山市のものがよく知られているけど、そちらと何か関係があるだろうか。
 味美、味鋺エリア一帯は古墳密集地区で、この古墳もその一部と考えてよさそうだ。
 物部氏の祖といえる宇麻志麻遅(ウマシマジ)のものという話があるくらいなので、尾張の物部氏系の古墳ではないかと思う。

 それにしても、物部氏系古墳の上にどうして冨士社だったのか。
 調べていないのでどういう神社か分からないのだけど、江戸時代までは浅間社だったかもしれない。
 いずれ名古屋神社ガイドの市外編で書きたいと思う。



豊山町冨士神社石段




豊山町冨士神社拝殿




豊山町冨士神社本社




豊山町冨士神社上から

 上から見るとかなり高さがあることが分かる。



豊山町冨士神社古墳の様子

 天正12年(1584年)の小牧長久手の戦いのとき、秀吉方の森長可(もりながよし)が砦を築いて守っていたという話が伝わっている。


【アクセス】
 公共交通機関 不明
 近くに青塚古墳前というバス停がある

 駐車場 なし


記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック