春日井市味美の白山神社<続>

神社仏閣(Shrines and temples)
味美白山神社相宮鳥居

 前回の味美白山神社の続きです。

 春日井市味美の白山神社(ブログ記事)

 上の写真は相宮と称する御旅所で、ここも古墳の上に乗っている。
 古墳は御旅所古墳と呼ばれている。



味美白山神社相宮祭神

 祭神はククリヒメ他、イザナギ、イザナミなどで、白山社系としては違和感はない。
 ウマシマデが入っているのは物部神社の関係だろうし、アメノコヤネは春日社系だろう。
 例祭では白山神社本社からこの相宮に渡御が行われる。
 江戸時代中期までは少し離れた春日山古墳まで渡御が行われていたらしい。



味美白山神社相宮参道




味美白山神社相宮本社




味美白山神社どこか

 以下は白山神社の境内の風景だと思うのだけど、記憶に残っていないので断言はできない。



味美白山神社和合の木

 和合の木。
 皇紀2600年を記念して昭和15年(1940年)に奈良の橿原神宮から贈られた樫の木で、もともと二本だったものがくっついてこのような形になった。



味美白山神社和合の樫




味美白山神社御嶽社

 白山神社とは直接関係がないのかもしれないけど、一角に御嶽社がある。
 御嶽信仰が境内の一角に間借りしているのはよくあるパターンだ。
 御嶽山を開いた覚明は春日井市生まれという説があり、尾張国一帯は御嶽信仰が盛んだった。



味美白山神社池の鯉




味美白山神社賽銭


 公式サイト


【アクセス】

名鉄小牧線「味鋺駅」より徒歩約14分

駐車場 あり


記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック