イメージに生きる

言葉(words)
夏紫陽花

 イメージを侮ってはいけない。
 この世界はイメージによって成立し、イメージによって支配されている。
 人も同じだ。
 人はイメージで物事を判断し、イメージによって評価される。
 それは実体のない実体であり、共同幻想といったものだ。
 イメージアップ、イメージチェンジ、イメージ戦略といった言葉や概念はそれを表している。
 広告はその典型だ。
 イメージを損なえば人々はそれを裏切りと思う。
 自分はそんなイメージの人間ではないといっても意味はない。
 イメージは勝手に作られるものだからだ。
 人は与えられたイメージに沿って生きるしかない。
 イメージと戦ってもほぼ勝ち目はない。
 
 
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック