愛知県江南市の川島神社

神社仏閣(Shrines and temples)
川島神社

 愛知県江南市にある川島神社(地図)。
 参拝に訪れたのは2017年の11月末で、少し紅葉が始まっていた。思い切り季節外れの写真になっているけどご容赦を。
 江南市は一宮市と犬山市の間にあって存在感が薄い(失礼)ところなのだけど、古い寺社がけっこうあって個人的には興味深い土地と感じている。
 宮田町にある川島神社は『延喜式』神名帳(927年)の尾張国葉栗郡川嶋神社の論社のひとつで、聖武天皇時代(724-749年)の創建と伝わっている。
 岐阜県各務原市の白鬚神社、上ノ島神明神社、榎神社も論社とされていてそちらは行ったことがないので断言はできないのだけど、江南市の川島神社は充分式内の風格を備えた神社だと思う。
 ただ、長い歴史の中で変遷を重ねて混乱している部分が多々あり、原形をとどめているとは言いがたい。
 鳥居は神明鳥居なのに江戸時代は牛頭天皇と呼ばれていたそうだし、現在の祭神は水神の水波売神(ミツハノメ)とされている。
 たぶんもともとの祭神はそれらどれでもなかったと思う。
 勢力圏としては尾張氏だろうけど、別の勢力が入り込んでいた可能性も充分ある。
 木曽川を挟んで北の各務原とはどういう関係にあったのだろう。

 詳しい歴史はいずれまた。



川島神社紅葉の参道




川島神社太鼓橋




川島神社手水の龍




川島神社拝殿の注連縄




川島神社番塀




川島神社社殿横から




川島神社本社と境内社




川島神社本社裏から




川島神社神楽殿




川島神社鳥居から


 アクセス

 公共交通機関 不明

 駐車場 なし?(駐車スペースあり)
 
 
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック