日本一の彼岸花名所を侮りすぎていた我々が目にした激混み巾着田風景 - 現身日和 【うつせみびより】

日本一の彼岸花名所を侮りすぎていた我々が目にした激混み巾着田風景

西武池袋線高麗駅ホーム

PENTAX K100D+TAMRON SP 17-35mm(f2.8-4)



 連休初日の23日、私たちは少し早起きをして、埼玉県日高市にある彼岸花の名所、巾着田(きんちゃくだ)へと向かった。池袋から西武池袋線の黄色い列車に乗って、最寄りの高麗駅(こまえき)に到着したのが午前10時30分。うひょ、こりゃ混んでるなぁ、というか激しく混んでますよ。アジサイのときの北鎌倉駅並ではないですか。びっくり仰天。前の日に新聞に載ったからちょっと混んでるかもね、などとのんきにしゃべりながら軽い気持ちで出向いていった我々は、ここで事態の深刻さを初めて知ることとなる。まさかこれほどの人混みとは想像もしていなかった。あとから知ったところによると、朝っぱらの6時くらいからすでに大勢の人が訪れていたんだとか。それは恐れ入りましたと謝るしかない私たちであった。
 しかも悪いことに雨が降り始めてきた。天気予報では午後から天気が崩れるということだったからあえて午前中に行ったのに、予想は外れた。おかげで雨の中での悪条件での撮影となり、靴もパンツもドロドロのずくずくになった(私の風邪ひきの要因もここにあったのだ)。
 なにはともあれ、ここまで来てしまったからには引き返すわけにもいかない。傘は二人で一本の折りたたみ傘しかなくても雨天決行だ。ゾロゾロと続く人波に従って私たちも現地を目指すことにした。



混雑する高麗駅

 ローカル線の駅が、この時期ばかりは新宿駅を超えるような混雑となる。昔は私も人混みが苦手だとか言っていたものだけど、最近はそんなことも言っていられなくなった。どこ行っても混雑に巻き込まれてしまうものだから、すっかり慣れてしまった。悟りの境地に達したと言ってもいいかもしれない。何故混むのか? それはみんな見たいものが一緒だからだ。仕方がない、みんな仲良く見ようではないか。前が詰まって動かなくなったら動くまで待とう。靴を踏まれてもいえいえ大丈夫ですよ、気にしないでください。もはや仏になる日も近いか!?
 駅の構内も全面的に彼岸花を押し出してくる。鉄道も池袋から直通のレッドアロー号という特急を臨時に走らせている。私たちの乗った西武池袋線はぎりぎり満席という程度だったけど、特急は早くから満席になっていたようだ。
 何しろ巾着田の彼岸花は日本一ということになっている。かつては数万本程度だったものを地元の努力で100万本まで増やして宣伝を打った結果、今では期間中だけでも30万人以上が訪れる立派な観光地に成長した(年間では80万人)。
 おかげでかつては無料だった自生地も、今では周りを取り囲んで入場料200円を徴収するようになった。駐車場は1回500円と抜かりはない。もちろん普段はタダの場所だ。こういうシステムは当たり前といえば当たり前なのだけど、なんとなくしてやれた感があってチェッとか思ってしまう。仏への道のりは遠い。



彼岸花とそれを写す人たち

 今回も写真が多くなってしまったので、2回に分けることにした。一回目の今日は、彼岸花とそれを取り巻く人々というテーマで写真を集めてみた。これだけ大勢が見に来てるのだから、人が入ってない写真を撮るなんて無理なこと、それならいっそのこと人がたくさん入った写真を撮ってしまえというのが私のスタイルだ。人が占める割合を半分くらいまで増やしてもいい。人が撮りたいというわけではないけど、人がそこにいて自分も同じ空間にいて、みんなでその場を共有してる感じが写せればいいなと思っている。
 途中から雨が激しくなってきて、彼岸花を撮ること半分、デジとレンズを守ること半分くらいの感じになってしまった。



彼岸花とカップル

 雨の彼岸花というのもなかなか風情があっていいのだけど、雨そのものが写るわけではないし、なんとなく彼岸花がスカスカな感じに写ってしまうのは残念なところだ。やっぱり光があった方が楽しい。



撮影者のレンズ

 みなさんいい機材を持っていて、三脚組もいた。有名な花名所には高級機材が揃う。


 
彼岸花と人々

 500メートルほどの間に彼岸花が密集するように群生している中、やけに人が固まっている地点がある。こういうところは魚がよく釣れるポイントと一緒で、撮りどころである可能性が高い。撮る場所に迷ったら、一番人が集まっているところに行けば、大きく外すことはないものだ。
 気合いカメラの人々の背後に回ってみると、なるほどねと納得するものがあった。この日のこの場所が、まず間違いなくベストポジションだった。みなさん、よく見てる。



濡れても撮る

 別の角度から見ると、こんな感じになっていた。自分が濡れるなんて気にもとめず、カメラだけビニールなどをかぶせて脇目もふらずに撮っている人もいた。我々とは最初から気合いが違っている。



お弁当の人たち

 雨の中、河原に座ってお昼を食べる人たち。これもなんだかすごいなと感心してしまった。昼ご飯への執念を見た。
 ここは屋根のある場所がほとんどないから、雨が降るとどうしようもなくなる。晴れていたら河原でも土手でも食べたり休んだりするところはたくさんあるのだけど、観光地としての整備がもうひとつ整っていない印象を受けた。この時期限定とはいえ、気持ちよく迎え入れて帰ってもらうにはまだいろいろと改善の余地がある。駅から現地へも徒歩10分と書いてあるけど、あの混雑の中ではとてもじゃないけど10分じゃ着けないし、大回りすぎるからなんとかできないものかとも思う。今後は花の数を増やして日本一がどうこうよりも、施設的な部分にお金を使った方がいいんじゃないかと思った。



苔を撮る

 雨に濡れる苔とかも撮ってみる。

 2回目の次回は、人があまり入ってない彼岸花写真編になる。今回とあまり変わり映えはしないのだけど、現地の様子が伝わるといいなと思っている。
 つづく。
 
関連記事ページ
コメント
非公開コメント

いえぃ~~西武池袋線

実家のすぐそばです
一枚目からビックリしましたwww

2007-09-27 18:58 | from ただとき | Edit

新聞で見ましたが、こんなに混んでいるもんなんですね!
私も人ごみが苦手なので、こんな所には怖くて足を運べません。
でもさすがに混んでいるだけあって、どこもかしこも彼岸花という感じですねー。
一番最後の写真が、雑踏どこ吹く風と、しっとり落ち着いていて好きです(笑)。

2007-09-27 20:50 | from QingZui

見慣れた黄色い電車?

★ただときさん

 こんにちは。
 ただときさんの実家は西武池袋線だったんですか。
 高麗の近くですか? あっちじゃないのかな。
 思いっきり田舎の駅呼ばわりしてしまいました(笑)。
 あのラインもこの時期は大盛況ですねー。驚くほどの人出でした。

2007-09-28 02:22 | from オオタ | Edit

今週末はどうなるのか

★QingZuiさん

 こんにちは。
 QingZuiさんもあの新聞記事読んだんですね。
 まあしかし、すごい人でしたよ。(^^;
 連休の日曜日ということもあったんだろうけど、雨降りであの賑わいってことは、今週末はどんなことになってしまうんだろう。
 平日の早朝から大挙して押し寄せてるようですよ。(^^;
 みんな気合いが違います。
 QingZuiさんもぜひ行ってみてください(笑)。

 最後の写真は、そうそう、あの騒ぎの中で我関せずとしていたコケに風格を感じたのでした。

2007-09-28 02:27 | from オオタ | Edit

芝桜の時期の、西武秩父駅もすごい混みようですよwww

実家は、もう少し(ほんの数駅)池袋よりですwww

そうですねぇ、ヒントとしては、パリダカの優勝選手が住んでいる(ってこれじゃ分からないなw)街ですw

2007-09-28 23:49 | from ただとき | Edit

次は秩父まで

★ただときさん

 こんにちは。

 そうそう、芝桜も名物なんですよね。
 あのときもそんなに混むんだ。(^^;
 侮れませんね、西武池袋線(笑)。
 今回も時間があれば秩父まで行ってSLを撮ろうと思ってたんだけど、雨だったんであきらめたのでした。
 それじゃあ、来年は芝桜と絡めて秩父まで行ってみよう。
 ついでにただときさんの実家に寄って挨拶してきますね。
 って、どこだか全然分からないぞ(笑)。
 パリダカ優勝を手がかりに調べたところ、どうやら狭山市とか入間市あたりがあやしいなぁ。
 近いですか?(笑)

 富士スピードウェイにF1がやってきましたね。
 日本人、全然地の利がないぞー。(^^;
 あんなところ走ったことがないだろうから外国人ドライバーと一緒ですもんね。
 三重県出身の私としては、鈴鹿との隔年開催になったことを喜んでます。日本グランプリはやっぱり鈴鹿が思い出深い。

2007-09-29 06:20 | from オオタ | Edit

オオタさんは、コナンですかwww、どちらかに当たりが隠されているwww

冨士のF1
どうやら、グズグズのようだったみたいで
ネット上、あちこちで怒りが爆発されています

来年、鈴鹿でよかったかもwww

2007-09-30 20:38 | from ただとき | Edit

気づいたら終わってた富士

★ただときさん

 こんにちは。
 どっちか選ぶとしたら、入間市かな。
 じっちゃんの名にかけて。
 当たりましたか?
 小宮の悦っちゃんと同じ?
 辛坊さんもかな。

 富士スピードウェイは、テレビで観ようと思ったら、昼間終わってたんですね。(^^;
 最近F1観てないなぁ。
 セナがいなくなって、私のF1もあそこで終わってしまいました。
 また心躍らす天才ドライバーの登場を願ってるんだけど、ハミルトンは違うんだよなぁ。(^^;
 それにしても払戻金3億なんぼって、どんな不始末だ。
 来年も富士で、さらいねんから交互開催になるんですよね。
 来年までにはちゃんとできるのかな。

2007-10-01 04:42 | from オオタ | Edit

ビンボウ、じゃなかったビンゴ

三億円っていうと、すぐに府中を思い出すおいらは昭和人ですwww

確かに、セナというのは大きな大きな星でしたね・・・

いまだに信じられない
GP2にブルーノセナが出ていますが、やはりセナには・・・・

2007-10-01 19:11 | from ただとき | Edit

昭和の3億円

★ただときさん

 誰が貧乏だ!(笑)
 いや、確かにその通りなんだけど。はは。

 3億円事件はまさに昭和でしたね。
 今は3億円って聞いても驚かないけど、当時の3億円はすごかったんでしょうね。
 ゴミ置き場で1億円だか拾ったオジサンもいましたね。(^^;

 富士スピードウェイのダメダメさは、ひどかったみたいですね。(>_<)
 スタンドも交通も。
 けど、3日間通しのチケットって6万円もするんだ。そんな高いって知らなかったです。(^^;
 そりゃあ見えなかったら怒りますよね。

 セナ、プロがいた頃の鈴鹿は楽しかったなぁ。

2007-10-02 06:29 | from オオタ | Edit

トラックバック

https://utusemibiyori.com/tb.php/736-d26a6010