大縣神社の紹介

神社仏閣(Shrines and temples)
大縣神社

 デッドストック写真シリーズ。今回は愛知県犬山市の大縣神社(おおあがたじんじゃ/地図)です。

 現在の犬山の中心は北の木曽川沿いなのだけど、古代の中心地はもっと南の方だった。
 尾張三山と呼ばれる山のひとつ、本宮山がその名の通り中心だっただろうと思う。
 この大縣神社(公式サイト)は尾張国の二宮とされ、『延喜式』神名帳では名神大社となっている。
 祭神は大縣大神で、その正体ははっきりしない。
 古くから国狭槌尊説、天津彦根命説、少彦名命説などがありつつ、この地を開拓した一族の祖神とするのが妥当なところではないかと思う。
 一宮に次いで開拓された土地だったのだろう。
 近くには田縣神社(たがたじんじゃ/公式サイト)があり、この辺り一帯はセットで考えた方がよさそうだ。

 詳しい歴史などはいずれ名古屋神社ガイドの市外編で書きたいと思っている。
 今回は境内の様子を紹介します。
 なお、この写真は2017年当時のものです。



大縣神社参道




大縣神社手水舎




大縣神社拝殿

 もともとは本宮山の山頂にあったのを西の麓の現在地に移したと社伝はいう。
 現在も山頂に奥宮がある。
 西の鳥居から入って社殿が東の本宮山の方を向いているので他の一般的な神社とは違うちょっと変わった感覚になる。
 全体的にとても立派な印象を受ける。



大縣神社姫の宮

 姫の宮の祭神は玉姫命とされている。



大縣神社姫の宮正面

 この裏手にしだれ梅園がある。



大縣神社工事中

 このとき何かの建物を建てていた。
 もうとっくに建っているはずだ。



大縣神社境内社




大縣神社池




大縣神社参道帰り道

 名鉄小牧線 楽田駅(地図)より徒歩約30分

 駐車場 あり



記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック