頭と心と体

言葉(words)
瀬戸電沿線風景

 体は自分の味方であり、自分の敵でもある。
 体が自分を生かし、自分を殺しもする。
 自分とは何か?
 自分は心と体と頭から成り立っている。
 三位一体であり、三つ巴であり、三すくみの関係でもある。
 頭と心はたびたび意見が衝突するし、頭はすべてを支配しようとするけど体は言うことを聞かない。
 心のない体はただの入れ物にすぎず、体が死ねば頭も死ぬ。
 心が残るかどうかは分からない。
 魂の正体が心なのかどうかも分からない。
 上手くやっていくには、三者をなんとかなだめすかしてとりまとめるしかない。
 どれかひとつ欠けても自分として存在し得ないわけで、頭と心と体は運命共同体なのだから。
 
 
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック