ワールドカップは見ていないサンデー料理

料理(Cooking)
サンデー料理

 サッカーのワールドカップがにわかに日本中で盛り上がりを見せて私もとなるかと思えばそうでもなく、試合は見ずに起きてニュースで知るくらいになっている。もちろん、勝つに越したことはないし皆が喜んでいるのもいいことだと思うので、水を差すようなことは言うまい。
 ここまできたら次のクロアチア戦までは勝ってベスト8まで進んで、その次のブラジルに負けるというのがいいんじゃないかと思う。せっかくドイツとスペインに勝ってクロアチアに負けてしまうと、なんとなくがっかりしてしまう。クロアチアは前回大会の準優勝国なのだけど。

 12月に入って少しソワソワ感も増してきた。忙しいというより気忙しくて落ち着かない感じ。
 でも、地に足がつかない感じは嫌いじゃない。年末は一年で一番好きな時期と言ってもいいくらいだ。
 だんだん寒くなってきて、それはやっぱり嫌いだ。

 ちまちま大掃除は引き続きちまちまやっていてまだ終わりそうにない。それでも3分の2くらいは済んだだろうか。
 年賀状を書かないといけないときまでには終わらせたい。
 いくつか先送りしていることも、できれば今年中に終わらせて、すっきりした気持ちで新年を迎えたい。
 やらないといけないことって、なくならないもんだな。



マグロ

「マグロの衣焼き」

 切り分けたマグロ、塩、コショウ、小麦粉、パン粉を一緒にビニール袋に入れて振り混ぜて衣をつける。
 それをオリーブオイルで焼く。
 衣をつけることで水分が飛ぶのを防いで柔らかさを保てる。



シイタケ

「焼きシイタケのポン酢ソース」

 シイタケに塩をもみ込んで10分置く。
 魚焼きグリルで5分焼く。
 今回はグリル用のトースト・プレートを使った。
 外はややパリッとしつつ中はプリッとしてうま味が凝縮される。
 フライパンで焼くよりも美味しく仕上がるのでオススメします。
 タレは酒、みりん、しょう油、昆布つゆ、味ぽんをひと煮立ちさせて作った。



大根

「大根のはごろもフレークあんかけ」

 大根のあく抜きのために玄米と一緒にゆでる。
 途中で和風だしの素と昆布つゆを入れて下味をつける。
 はごろもフレークにゆで汁と昆布つゆを加えて加熱し、水溶きカタクリ粉でとろみをつける。
 肉がよければ挽肉でもいい。
 
 
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック