夜を嫌う

言葉(words)
夕方の月

 夜が嫌いだ。
 かつてあれほど近しく感じられた夜が今は嫌いだ。
 いや、夜そのものではなく夜の気分が嫌なのだ。
 夜の重苦しさが私を苦しめる。
 だから早く眠りの中に逃げ込みたくなる。朝へと。
 今は朝が好きだ。気持ちが軽いから。
 しかし、今日もまた夜はやってくる。
 夜との良好な関係はもう戻らないのか。
 
 
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック