小さな命

言葉(words)
オオイヌノフグリ

”小さな命”とはずいぶん馬鹿にした言い方だ。
 その命を小さいと決めつけた時点で自分よりずっと下に見ているということになる。
 子供の命は小さくて大人の命は大きいのだろうか? 成長して命が大きくなるなら若者の命より年寄りの命の方が大きいということになる。けど、誰もそんなふうには思っていない。
 犬や猫の命を小さいと思うのは人間の驕りではないのか?
 小さな花の命は小さくて大きな花の命は大きいのか?
 人間より大きなキリンだとかゾウとかの命は人間の命より大きいのか?
 多くの人が何気なく使っている言葉の中にも侮蔑的な観念から成り立っているものが少なくない。
 私自身、自分では気づかないうちにそういった言い回しをしてしまっているかもしれない。
 なるべく気をつけてそういう言葉は使わないようにしたいと思う。
 
 
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック