裏はあっても表でいい

言葉(words)
朝露と野草

 どんな世界にも裏側はあるし陰謀もある。影で牛耳っている人間はどの時代のどの国にもいただろう。
 ただ、この世界を実際に回しているのは表側の人間で、裏側の人間ではない。彼らが社会を支配しているわけでもない。
 社会を構成するひとりひとりが世界を支え回している。
 そこは明確に認識しておく必要がある。
 裏側を垣間見ると真実を知ったような気になるものだけど、それは危険な思い込みだ。
 たとえそれが真実であったとしても、それは真実の半分であり、あくまでも裏側でしかない。
 表側の明るい世界で生きられるならそれに越したことはない。自分の意思で裏に回ることはないし、すべてを知る必要もない。
 表も裏も知っている人間が偉いわけでもない。
 
 
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック