生と死の世界線

言葉(words)
瀬戸電高架

 自分が生きている世界線と自分が死んでいる世界線が平行に走っていると想像してみる。
 自分がいる世界と自分がいない世界。
 自分がいる世界を見たければ生きている世界線を選ぶしかない。
 ただ、自分が死んでいる世界線もそれはそれで少し興味がある。
 生き続けるか死に続けるか、選べるのは一方だけだ。
 
 
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック