生者と死者

言葉(words)
銀杏の冬木

 生きている人間が死にたいなどと泣き言を言うのを死んだ人間が聞いたら腹を立てるだろう。
 死ぬより生きてる方がずっとましなんだから少しくらい我慢しろよと。
 ただ、生きている人間のつらさというのは確かにあって、本人にしてみたら他人に言われてはいそうですかとはいかない。
 生きている人間と死んでいる人間は立場の違いから相容れない部分があるのだけど、それでも互いを尊重し合うことは大切だ。
 この世界は生きている人間だけのものではなく、死んでいる人間も死者としてこの世界に参加している。
 世界の半分は死でできているということを忘れないようにしたい。
 
 
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック