日常が戻りつつあるサンデー料理

料理(Cooking)
サンデー料理

 少しずつかつての日常が戻りつつあることを実感する。
 人の集まりが復活したり、出歩くことに抵抗がなくなったり、感覚的な部分でも警戒感が弱まっている。
 かつての谷間期だったときとはちょっと違う感じがする。
 とはいえ、世界的には今ピークを迎えている国もあるし、再拡大しているところもあるので、これで終わりと決めつけるのは早い。もうそろそろ終わってもいいとは思うのだけど。

 10月も今日が最終日で明日から11月だ。大掃除のことも気になりだしている。
 11月は予定もいくつか入っているし、このまま年末になだれ込んでいくことになるのだろう。
 忙しすぎず暇でもないほどほどな感じが一番いい。
 年末のちょっとそわそわした感じは嫌いじゃない。



マグロ

「マグロの切り落とし」

 何マグロだったか忘れてしまったけど、切り落としとして売っていたものだ(コハダマグロとかだったかな)。
 料理を怠けているわけではないのだけど、刺身で食べるなら切り落としでもいいやと思ってしまう。
 この状態で買って調理しようとは思わない。



カボチャとナス

「カボチャとナスの天ぷら」

 一応ハロウィーンにちなんでカボチャを食べてみた。
 カボチャは煮物か揚げるかの二者択一になることが多い。今回は天ぷらを選択した。煮物よりこっちの方が好きだ。
 ナスも天ぷらにするのが一番美味しいと思う。



里芋味噌煮

「里芋その他の味噌煮」

 味噌煮が食べたくなる季節になった。夏場の暑いときはあまり食べる気がしない。
 具材は里芋、鶏肉、ニンジン、ゆで卵。
 名古屋は味噌だれの文化があるから、家庭でもこういう応用はよくやるんじゃないかと思う。
 スーパーで普通に味噌だれが売っているエリアはどれくらいなんだろう。
 
 
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック