死という行き止まり

言葉(words)
クマゼミ

 人は死んでしまうんだなぁという圧倒的な感慨にときどき襲われる。
 形にならないたくさんの感情が自分の中で沸き起こって言葉にならずに消えていく。
 死の続きがあって、自分が死ねばまた会えるという空想はわずかに心を慰めてくれるけど、それが本当かどうかは分からない。
 大事な人たちには少しでも長く生きていてほしいと願うだけだ。
 たとえこの先二度と会うことがないとしても。
 
 
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック