世界から愛されていない人間はきっと世界を愛していない

言葉(words)
黄色い花

 なぜ与えられることばかり夢想して与えることを思わないのか。
 自分がしてもらって嬉しいことは他の人も同じように嬉しいはずだ。
 与えられる人より与える人になった方が喜びが大きいと思わないだろうか。
 誰かに好きになってほしいと思ったら、まずは自分が誰かを好きにならないといけない。
 世界に愛されたければ自分が世界を愛す必要がある。
 まずは自分から発信しよう。
 自分への思いはきっと後から返ってくる。
(ずっと後になって何百分の一かもしれないけど) 
 
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック