”下手の考え休むに似たり”の応用

言葉(words)
道ばた風景

”下手の考え休むに似たり”ということわざがある。
 将棋や囲碁の下手な人間が長考しても休んでいるのと同じで時間の無駄だという意味なのだけど、”の”ではなく”な”とするともっと応用が利く言葉になる。
”下手な考え休むに似たり”
 そうやって間違えて覚えている人もいるかもしれない。
 長いだけで内容のない会議などはまさにこれだ。
 考えることも大事なのだけど、あまり立ち止まっているのもよくない。
 つまらないことを考えるよりも何かをした方がいい。何かをしながら考えればいい(オシムも走りながら考えろと言っていた)。
 何も考えずに突っ走ることが正しい態度とは思わないけど、それでも考えすぎて何もしないよりはましだ。
 自分の足が止まっているときはこの言葉を思い出すといい。
”下手な考え休むに似たり”
 
 
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック