愚か者に憐憫を

言葉(words)
鳩の列

 愚かな人間の間違いや失敗を責めてはいけない。
 愚かさの一番の被害者は本人なのだから他人が追い打ちをかけることはない。
 愚かな人間は憐れんであげなくてはいけない存在だ。
 カチンと来ても、かわいそうにと思えば腹立ちも収まる。
 もしその人のことが大事なのであれば、救ってやらないといけない。
 責めるだけでは愚かさは改まらないし、そういう人間には他人の手助けが必要だ。
 口を出すだけで何もしない人間が一番タチが悪くて役に立たない。
 愚かな人間を責める愚かな人間という構図の外側にいたい。
 
 
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック