希望は種から育てる

言葉(words)
ヒメオドリコソウとオオイヌノフグリ

 夢や希望なんてそのへんには転がっていない。
 必死に探してようやく見つけた種を自分で育てるものだ。
 花が咲くかどうかも育ててみないと分からない。
 人が育てた希望の花を欲して手に入れたとしても、それは自分の夢にはならない。
 なぜなら夢や希望といったものはとても個人的なものだからだ。相対的なものではなく絶対的なものという言い方もできる。
 自分が誰かにとっての希望の種になりたいのであれば、自分自身が立派に咲いてみせる必要がある。
 
 
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック