性根のよしあし

言葉(words)
香流川冬桜並木

 性根の悪さはいくら表面を取り繕ってもどこかで露呈してしまうものだ。
 逆のことを言えば、性根の良い人間は悪事を重ねてもどこかで救いがある。
 性根のよしあしは生まれ持ったものなのか、育ちなのか、経験によって形成されるのか。
 性根をたたき直すことはできるのかどうか、私にはよく分からない。
 あるいは、良い行いを重ねることで性根の悪さは打ち消せるのかもしれない。
 そうでなければ救いがない。
 
 
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック