多重偶然

言葉(words)
線描

 個人レベルでも世界レベルでも、大きな出来事が起きるには一度の偶然では足りない。
 少なくとも二度の偶然が必要だ。
 あるいは二つ以上の。
 偶然が二度以上重なったとき、初めて必然となり得る。
 そこには神の手とでも言うべき意思が介在するようにも思えるけど、本当のところは分からない。
 人が奇跡と呼ぶものは、いくつもの偶然が重なった現象なのだろう。
 偶然を侮ってはいけないし、頼りすぎてもいけない。
 
 
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック