たかがアジサイされどアジサイ、明月院ブルーは伊達じゃない

鎌倉(Kamakura)
明月院境内のにぎわい

PENTAX istDS+smc PENTAX-DA 18-50mm(f3.5-5.6 AL), f5.6 1/60s(絞り優先)



 鎌倉のアジサイといえば、長谷の長谷観音と北鎌倉の明月院が2大名所として知れ渡っている。梅雨時の晴れ間のピークの日曜日となれば行列は必至。最大3時間待ちという情報におびえつつ、我々は鎌倉へと向かった。
 行くなら朝イチか閉門前という鎌倉アジサイおじさん(私たちが勝手に命名)のブログを信じて、明月院へは夕方の3時半頃に行った。アジサイおじさんは正しかった。門へと向かう参道で向こうから続々と人が戻ってくるのとすれ違う。これはいけるかもしれない。門の前で少し行列が出来ていたものの、それもあっさり進んで何事もなく中に入ることができた。ちょっとあっけないほどに。とはいえ、中はさすがに大混雑状態。身動きが取れないほどではないにしても、お寺の境内としては人口密度が恐ろしく高い。



明月院ブルーとカップル

  これが噂の明月院ブルーというやつか。なるほど、こいつはなかなかと感じ入る。青いアジサイは最もポピュラーで子供の頃から見慣れているはずなのに、ここのものはどこか違っている。青の微妙なニュアンスが違うのだろう。
 明月院のアジサイは、大部分が日本古来の姫アジサイという品種で統一されている。一般的に日本のアジサイはガクアジサイで、鞠のようなものは品種改良された西洋アジサイと思っていたら、日本産の丸いアジサイもあったのだ。知らなかった。花は西洋アジサに比べて少し小さめで、日本らしい風情と品がある。最初は淡い青からだんだん深い青へと変化していくのだそうだ。
 明月院ブルーはファーストコンタクトで我々を魅了した。



三門前の階段

 アジサイも光の加減でずいぶん違った印象になる。アジサイだけは強い日差しは似合わない。薄曇りか雨模様くらいがちょうどいい。
 ここは明月院のアジサイを紹介するときに必ず出てくる三門前の階段のところだ。人の波が絶えることなく続く。ここで人の入ってない写真を撮ろうと思えば、平日の開門の8時半前に並んでダッシュするしかない。私は人がいる写真が好きだからこれでいいけど、狙い通りに人を入れるのは難しい。カップルだけとか和服の人とかを入れて撮ろうとすれば、相当粘らないといけないだろう。



アジサイを撮る人

 一番の人気撮影スポットとなっている三門前は、アジサイを撮る人、お互いに記念写真を撮るカップル、人に頼んでツーショットを撮る人たちなど、明月院でもっとも笑顔があふれる場所だ。うかつにアジサイの写真なんかを撮っていると私みたいな人にアジサイを撮っているところを撮られてしまう。明月院では好むと好まざるとに関わらず自らがどこかで誰かの被写体になることは避けられない。この時期の明月院はお忍び旅行には向かない場所だ。



アジサイと母子

 この子は直接今日のことを覚えてはいないだろうけど、意識の深いところで記憶に刻まれたに違いない。大人になって、青いアジサイに妙に惹かれてしまったり、明月院に呼び寄せられたりしてしまうんじゃないだろうか。三つ子の魂百まで。覚えていないことでもたくさん経験することは大切なことだ。



やぐらとアジサイ

 やぐら前のアジサイ。この時期は霊たちも深い眠りから目覚めさせられておちおち眠っていられない。いつからここはこんなにも騒々しい場所になってしまったんだと嘆いているだろうか。それとも、賑やかになって喜んでいるだろうか。北条時宗や上杉憲方たちの霊は今でもここにいるのかどうか。



階段に並ぶ人たち

 特に由緒などありそうにない木の橋。みんな列をなして歩いている。私も最初に訪れたとき何かいいことがありそうで歩いてみたけど何もなかった。
 裏の参道側にもたくさんの青いアジサイが咲いていて、こっちはこっちでよかった。ずっと奥までアジサイが群生している様子は表参道とは違った美しさがある。



明月院のアジサイブルー

 500円払って菖蒲園の方も入ったりして、結局ここで1時間近くを過ごした。アジサイを思う存分見て、撮って、おなかいっぱい。目を閉じるとブルーのアジサイが目に浮かぶくらい見た。
 ここはもうさすがと言うしかない。まいりましたと。アジサイというと何十種類、何百種類、色とりどりのアジサイが咲き誇るといった宣伝文句が多い中、ブルーにこだわって統一させたのは正解だった。アジサイは日本全国どこででも見られるけど、明月院ブルーは明月院でしか見ることができない。日本中から大勢の人が混雑すると分かっていてもあえて出向いていく気持ちが理解できた。素晴らしいと言い切ってしまっても差し支えはないだろう。いいもの見せてもらった。
 もうしばらく見頃は続きそうだ。来週末は少し遅いだろうか。ここでアジサイを見れば、たかがアジサイという侮りの気持ちが消える。されどアジサイ、天晴れ明月院ブルー。
 
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • 2007/06/19 17:16
    オオタさん、こんにちは

    明月院ブルーの紫陽花をありがとうございます
    私も鎌倉は大好きな場所なのですが、何故か紫陽花の季節に行ったことが無かったように思います
    お寺と紫陽花って、妙にマッチしていますね
    オオタさんのおっしゃる通り、この青い姫紫陽花一色に統一されているのは、おみごととしか言えません
    PCで見ても美しいのですから、本物はより一層綺麗なことでしょう!!
    今年は無理だと思うので、是非来年は朝一か閉門前に行ってみたいと思います

    オオタさんは、麻綿原高原はご存知ですか!?
    明月院とは比べられないかもしれないけれど、たくさんの紫陽花が咲きお寺もあります
    http://www.town.otaki.chiba.jp/kankou/meisho/mamen/mamen.html
  • アジサイいろいろ
    2007/06/20 04:45
    ★miyaさん

     こんにちは。
     明月院は、思った以上に素敵なアジサイでした。
     青一色では面白みがないかなと思ったら逆で、青に統一したことで涼やかな美しい世界になってました。お見事。
     写真では全部は伝わらないけど、ちょっとでも行ったような気分になってもらえれば嬉しいなと思ってます。

     しかし、ゴールデンウィークとアジサイの季節に鎌倉へ行くのはやや無謀です(笑)。
     身をもって体験して、それがよく分かりました。初めてのことだったからどちらも楽しくて得るものが多かったけど、何度か鎌倉へ行っていたら、あえて混む時期に行く気になったかどうか。
     とはいえ、やっぱりアジサイはいいから、ぜひ機会があれば行ってみてくださいね。事情が許せば平日が無難かな。

     麻綿原高原は知らなかったです。
     教えていただいてありがとうございます。(^^)
     ここは本数がすごいですね。5万本ってのは見たことがない世界だなぁ。
     神社仏閣絡みというのがまた私の気持ちを惹きます(笑)。
     アジサイなんてどこで見ても一緒と思っていたけど、シチュエーションが違えばまた違ったものがあるんだということを今回の鎌倉で知りました。
     今日書いた光則寺のアジサイもよかったし、来年以降、もっと追及していきたい花となりました。
  • 2007/06/20 10:46
    こんにちは~♪

    今年は長谷寺へ2回行ってしまったので・・明月院ブルーをみないで終わりますが・・
    紫陽花の季節は特に魅力的な北鎌倉・・・

    楽しませていただきました~♪

    今日1日がいい日でありますように・・・=*^-^*=♪Thanks!

  • 静かなる鎌倉
    2007/06/21 04:01
    ★PANSYさん

     はじめまして。
     いらっしゃいませ。(^^)

     PANSYさんも長谷寺へ行きましたか。しかも2回ってすごい。
     混んでいるときに行きましたか?
     この時期は平日でも人が多いんでしょうね。
     一度くらい静かな鎌倉のアジサイってのを見てみたいけど、それはちょっと無理でしょうね。鎌倉の住人になれば一瞬の空白ってのも経験できるのかな。
     今日のブログが長谷寺編でした。人の多さばかりを撮っていて、肝心のアジサイの花をほとんど撮ってなかった私です。(^^;

     明月院も素晴らしかったけど、あそこは変化がなさそうだから、一回見ればそれでいいって感じになるのかもしれないですね。
     けど、あの明月院ブルーは印象的で、記憶に強く残りました。
コメント投稿

トラックバック