過去との決別

言葉(words)
後ろ姿

 人生のどこかで過去を精算せざるを得ないことがある。
 そういうタイミングが人生において何度か訪れる。
 自分の意思や決意とは関係なく。 
 過去を振り返って感傷に浸るためではなく、身を軽くして未来へ進むためだ。
 だから過去を捨てることを悲しむことはないのだ。 
 
 
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック