罪か否か

言葉
側溝の木

 人は罪悪感から逃れるために、無理矢理やることを見つけて、それをやるべきことと思い込んで、自己満足している。
 何もしないことは本当に悪いことなのか?
 一日いちにちを無駄にしないように努力している人のあり方は本当に正義なのだろうか?
 有罪と無罪の線引きは案外難しいように感じている。
 
 
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック