自分を超えていけ

空き地の秋

 打ち勝つべき相手は他の誰でもない、昨日までの自分だ。
 ライバルは常に自分のすぐ後ろにいる。
 昨日の自分が見えなくなるまで走っていくのだ。
 

0 Comments

Leave a comment