切り昆布は初かもサンデー料理 - 現身日和 【うつせみびより】

切り昆布は初かもサンデー料理

サン

 お盆も過ぎて少しは涼しくなるかと思ったらそんなことはなく、今日も名古屋は36度だった。これが普通になってしまったことに納得はいっていない。
 温暖化が叫ばれて久しいけど、縄文時代や平安時代はもっと平均気温は高かったから、必ずしもこれが異常とはいえない。今より海水面が5メートルも高い気候とはどんなものだったのだろう。
 平安時代に疫病が流行ったり祟りを恐れたりというのも、気温が高かったことも無関係ではなさそうだ。

 サンデー料理は暑かろうが涼しかろうが関係はなく、夏仕様といったものもない。サンデー料理に夏らしさなどは求めていない。
 今週もいつもと変わらなかった。
 ただ、切り昆布はサンデー料理初登場かもしれない。初ではなかったとしてもかなり珍しい。
 食材のレパートリーを増やすことも長年の課題ではある。



サーモン

「サーモンの甘酢ソース掛け」
 サーモンは切り分けて湯通しする。
 オクラ、タマネギを茹でる。
 酒、みりん、昆布つゆ、しょう油をひと煮立ちさせてソースを作る。



ポテト

「フライドポテトのオーロラソース」
 ポテトを切り分けてカタクリ粉をまぶし、油で揚げる。
 揚がったら塩を振りかける。
 ソースは、酒、みりん、マヨネーズ、からし、ケチャップ、塩、コショウ、コンソメの素をひと煮立ちさせて作る。



切り昆布

「切り昆布と豆腐の炒め物」
 ニンジン、木綿豆腐、切り昆布を湯がく。
 湯切りして、オリーブオイルで炒める。
 酒、みりん、しょう油、昆布つゆ、塩で味付けする。
 
関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://utusemibiyori.com/tb.php/5936-b0cae97c