楽観という毒

空に日の丸

 船長がボンクラでは船は沈む。
 船員や乗客の言うことを聞きすぎれば行き先が定まらず、下手をすると座礁する。
 国家元首でも会社の社長でも同じ事が言える。
 
 集団の上に立つ者がもっともやってはいけないことは、楽観によって下の者に希望を与えることだ。
 楽観は決して希望にはならず、毒でしかない。
 楽天的なトップほど迷惑で罪深い者はない。

 どんな航海にも安全な航海などなく、常に危険はそこにある。
 あらゆる危機に対してあらかじめ備えておかなくてはならない。

 この世界は残念ながら楽観が通用するような甘いものではない。
 危機を乗り切った先にこそ希望はある。
 

0 Comments

Leave a comment