箱庭 - 現身日和 【うつせみびより】

箱庭

町並み

 一般庶民は上に支配されているけど、上もまたその上に支配され、その上もまた上に支配されるという入れ子構造になっている。
 トップもまたその上の存在の操り人形にすぎない。与えられた役割以上のことをしようとすれば糸が切れて動けなくなり、使い捨てにされる。国の代表でも、歴史に残る英雄でも例外はない。 
 上の上の上の上の存在は一番下という可能性もある。上と下は逆転する。
 この世界の外には何があるのか?
 そこにはひとりの子供がいて、箱庭に世界を作って遊んでいるかもしれない。それが我々のいるこの世界でないと誰が言い切れるのか。

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://utusemibiyori.com/tb.php/5891-ee74295f