上社の観音寺を訪ねた - 現身日和 【うつせみびより】

上社の観音寺を訪ねた

上社観音寺

 名東区上社にある観音寺(地図)を訪ねた。
 かつての上社村の集落の中心近くにあった寺で、創建は鎌倉時代初期とも、奈良時代初期ともされる古刹だ。
 その後、長らく荒廃していたものを江戸時代前期に再興して今に至っている。
 山田重忠が創建したという話があり、個人的に山田重忠が好きなので、本当だったら嬉しいところだけど、その可能性は低いか。
 歴史などについては名古屋神社ガイドの津島社(上社)のページに書いた。



上社観音寺入り口階段




上社観音寺お堂




上社観音寺三門




上社観音寺本堂正面




上社観音寺額




上社観音寺観音堂




上社観音寺ご開帳

 秘仏の十一面観音は行基作という言い伝えがある。
 17年に一度ご開帳されるということで、前回が平成26年(2014年)なら次回は2031年ということだ。
 令和でいうと、2031から「れいわ」の「018」を引いて令和13年となる。



上社観音寺塔




上社観音寺石仏




上社観音寺屋根瓦の紋

 【アクセス】
 ・地下鉄東山線「本郷駅」から徒歩約8分
 ・駐車場 不明(たぶんあると思うのだけど)
 
関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://utusemibiyori.com/tb.php/5849-97a8a9d1