夜の熱田神宮はオススメ

神社仏閣(Shrines and temples)
夜の熱田神宮拝殿前

 夜の熱田神宮(地図)を一度訪ねてみたいと前から思っていて、ひょんなことからそれが実現した。
 実際に訪れてみて知ったのは、想像していた以上にずっと明るいということと、思いのほか参拝に訪れている人の数が多いことだった。
 拝殿前はもちろん、参道も灯がともっていて、郊外の住宅街より明るいくらいだ。ほとんど暗闇の中を手探りでいくようなイメージを持っていたので逆に拍子抜けした。
 訪れる人が多いことには驚いた。このときは夜の10時から11時くらいだったのだけど、ぽつり、ぽつりと途切れることなく参拝者がやってくる。そして、祈りは長い。昼間に観光気分で訪れている人とは祈りの重さが違うようだ。
 境内の雰囲気はさすがに昼間とは違って深閑としている。夏ということで蝉の声がしていたけど、冬場はもっと静かに違いない。秋の虫の音を聞きながらの夜の参拝もよさそうだ。
 境内全域が明るいことと、詰め所に人がいることと、参拝者もけっこう訪れるということで、安心感はある。深夜にひとりで訪れても大丈夫なくらいだ。
 駐車場は西駐車場のみ開いている(無料)。
 夜の熱田神宮参拝もなかなかいいのでオススメしたい。



夜の熱田神宮参道

 三脚撮影も特に禁止されていないようだ。



夜の熱田神宮鳥居

 星空バックの鳥居を撮ってみたかったのだけど、この日は曇り空で星が見えていなかった。
 晴れていても境内が明るすぎるのでちょっと難しいかもしれない。



夜の熱田神宮拝殿

 拝殿前。



夜の熱田神宮絵馬

 白鳥はヤマトタケルの象徴だ。



夜の熱田神宮の杜

 優しい森には神話が生きてる。



夜の熱田神宮八剣宮

 八剣宮。



夜の熱田神宮上知我麻神社

 上知我麻神社。



夜の熱田神宮御神木と注連縄

 御神木の大楠。



夜の熱田神宮池

【アクセス】
 ・地下鉄名城線「神宮西駅」から徒歩約5分
 ・名鉄名古屋本線「神宮前駅」から徒歩約5分
 ・駐車場 あり(無料)
 
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック