ここにも力神がいた藤高の神明社 - 現身日和 【うつせみびより】

ここにも力神がいた藤高の神明社

藤高神明社

 港区藤高にある神明社(地図)。
 江戸時代に開発された藤高新田の氏神として勧請されたものだ。
 藤高新田は1797年(寛政9年)に東福田の西川弥市が開発されたとされる。しかし、西川弥市は寛政5年に死去したという話もあり、はっきりしない。
 この神社を建てたのは西川弥市なのか違うのか。
 新川右岸の堤防下にあり、西側はスカスカに抜けている。こんなふうに片側だけ抜けてしまっている神社がたまにある。神社は全面的に囲って欲しいというのが個人的な希望だ。
 歴史などについては神社サイトの神明社(藤高)のページで。



藤高神明社拝殿前



藤高神明社拝殿の彫り物

 ここの拝殿にも力神(リキジン)がいた。
 力神は中川区大当郎の神明社で初めて見て、珍しいものがあるものだと思ったのだけど、港区でちょくちょく見かけるから、名古屋の南西エリアではそれほど珍しいものではないらしい。
 ただ、名古屋の中心部や東北部ではまったく見られない。


藤高神明社本社




藤高神明社神武天皇像




藤高神明社全景

【アクセス】
 ・名鉄バスセンター・三重交通<サンビーチ日光川行>「南陽藤前バス停」から徒歩約15分
 ・駐車場 なし
 
関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://utusemibiyori.com/tb.php/5513-395af645