熱田新田と鬼頭親子が残した小碓神明社 - 現身日和 【うつせみびより】

熱田新田と鬼頭親子が残した小碓神明社

小碓神明社

 港区小碓にある神明社(地図)。
 1669年に鬼頭景義の四男の吉形十郎右衛門が施主となって熱田新田の二十八番割の氏神として勧請したという。
 鬼頭親子の歴史などについては神社サイトの神明社(小碓)のページに書いた。
 新田を開発したなら神社はつきもので、そうやって建てられた氏神が港区にはたくさんある。港区は全域が干拓と埋め立てで海を陸地化したところだから、一部の例外を除いて神社は江戸時代以降に建てられたものだ。北のエリアは古く、南のエリアは新しいという言い方もできる。
 港区の神社を巡るときはそんな歴史に思いをはせるとまた違った感慨を抱くかもしれない。



小碓神明社鳥居前




小碓神明社拝殿前




小碓神明社拝殿屋根




小碓神明社本社




小碓神明社境内社鳥居




小碓神明社御嶽大神




小碓神明社秋葉社白龍社




小碓神明社由緒碑




小碓神明社神楽保存展示場

【アクセス】
 ・あおなみ線「名古屋競馬場前駅」から徒歩約22分
 ・駐車場 なし
 
関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://utusemibiyori.com/tb.php/5505-095becbd