大須の街外れにある古い白山神社

神社仏閣(Shrines and temples)
大須白山神社

 大須商店街の賑わいから少しはずれた大須一丁目にある白山神社(地図)。
 幹線道路沿いにもかかわらず、中は意外と静かだ。赤い鳥居を抜けた先の境内は少し空気が違う。やや重く、暗い。歴史の深さを感じる。
 かつて鶯谷と呼ばれた面影は残っていないものの、神社は歴史を刻んで街中にひっそりと鎮まっている。
 なかなかいい神社だと思った。大須にこんな神社があるのは知らなかった。
 くわしくは神社サイトの大須白山神社のページで。



大須白山神社赤鳥居




大須白山神社狛犬




大須白山神社拝殿前階段




大須白山神社拝殿前の玉砂利

 拝殿前に玉砂利が敷かれている。名古屋市内ではあまりないのではないかと思う。
 拝殿前の玉砂利というと、瀧原宮が印象に残っている。



大須白山神社拝殿内部




大須白山神社神木と社殿




大須白山神社本殿




大須白山神社日吉社

 境内社の日吉社。かつては独立した神社で、山王社と呼ばれていた。



大須白山神社日吉社社




大須白山神社境内

【アクセス】
 ・地下鉄鶴舞線「大須観音駅」3番出口から徒歩約8分
 ・駐車場 なし
 
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • 白山神社内の日吉社
    2021/10/25 00:45
    日吉社の社殿はもとは、金沢町(大須二丁目、表参道とある大須観音の南の通り)にあった屋根神です。横から見ると、社殿の土台が斜めになっています。屋根神のときの祭神とは違うと思います。
    この話は金沢町在住の方からお聞きしました。

    金沢町の何軒かは空襲から免れましたが、戦後、道路を拡幅したのでその頃に白山神社に屋根神の社殿が移されたのかもしれません。
  • Re: 白山神社内の日吉社
    2021/10/25 20:04
    >てらさん

     こんにちは。

     日吉社の社は元は屋根神様でしたか。
     地元の方の話ならきっとそうでしょうね。
     白山神社も空襲の被害に遭ったのかもしれません。

     ただ、神社自体は江戸時代にあった山王社ではないかと思います。
     詳しくは名古屋神社ガイドの白山神社(大須)のページに書きました。
     http://jinja.nagoya/top/nakaku/osu-hakusan-jinja
     日置村にあった山王社がどこかで白山権現の摂社になったようなので、それが明治以降に日吉社と改めたと考えます。
     よく覚えてませんが、日置村にあった八幡も白山神社に移されているでしょうか。

コメント投稿

トラックバック