2007年元日は初詣ネタで決意も新たに再出発 - 現身日和 【うつせみびより】

2007年元日は初詣ネタで決意も新たに再出発

丹生神社前

OLYMPUS E-1+SIGMA 18-50mm DC(f3.5-5.6), f5.0, 1/160s(絞り優先)



 無事2006年から2007年への年越しに成功した私は、珍しく元日の午前中から初詣に行くことにした。うちの田舎の勢和村(現・多気町)の丹生大師へ歩いて向かう。
 ここは神仏習合の歴史と、明治になってからの神仏分離令によって少しややこしいことになっている。地元の人間にとって丹生大事は、お大師さんといって、寺院である丹生山神宮寺のことを指すことが多い。左奥に見えている立派な山門(仁王門)が目印となって、地元以外の人もそちらを目指す。こちらは奈良時代(774年)に空海(弘法大師)の師匠である勤操大徳が開創した寺で、810年には空海もやって来て七堂伽藍を建立したとされる。
 それと同時に右側の鳥居のある方は丹生神社で、境内はつながっていて渾然一体となっている。丹生神社と丹生中神社があり、こちらは6世紀初頭と神宮寺よりも歴史が古い。
 初詣といえばやはり仏さんではなく神さんだろうということで、今日は馴染みの大師さんではなく丹生神社の方に挨拶に行くことにした(結局両方行ったのだけど)。

丹生神社参道

 大師さんの方はそれなりに賑わっていたのだけど、こちらは人影もまばらでそれがかえってしんとした雰囲気を作っていた。参道はこちらの方が昔から好きだった。神聖な空気感がある。
 鳥居をくぐるときも、参道を歩くときも、左右どちらかへ寄ることが決まりになっていると知っているだろうか。真ん中は神様の通る道だから人は歩いてはいけないのだ。私はそのことを去年初めて知った。それまで堂々と真ん中を歩く罰当たりなヤツだった。真ん中を歩いている人を見かけたら、神様気取りかよ、と心の中でツッコミを入れてあげてください。

お大師さんの方遠景

 こちらはお大師さんの方。通常の石段と、屋根付きというか室内階段というかがある。中は暗くて子供の頃はちょっと怖くもあり、楽しくもあった。行き帰りのどちらかは中を行ったものだ。今日は久しぶりに帰りは中を通った。しかし、なんでこんなものがあるのかは謎だ。雨用ってわけでもないだろうに。
 大晦日の夜は、境内で大がかりに火を燃やす行事がある。まだ燃え残りの火があって、みんな当たっていた。薪がかなり余っていたけど、まだこれから燃やすのだろうか。
 ばあちゃんなどは、どんど焼きと呼んでいた。正式名称は分からない。普通どんど焼きというのは小正月などにするものではないだろうか。そうでもないのか。中学生くらいまでは大晦日にどんど焼きを見に行ったものだ。今はもうそんな元気はない。何しろ田舎の夜は寒いのだ。寒さに強い私でも田舎の風の冷たさには負けてしまう。家の外にある便所に行く途中、遠く除夜の鐘を聞いた。

丹生中神社

 参道を進むと一番奥にあるのが摂社丹生中神社だ。祭神は丹生都比売神ではなく譽田別命(ほんだわけのみこと)になっている。
 この地は古くから水銀の産地として知られた場所で、丹生という地名がそのことを表している(全国で水銀がとれたところは丹生が多い)。この地の守護神として祀られてきたようで、平安時代の法典「延喜式神名帳」にも載っている、なかなか由緒のある神社だ。ただ、神宮寺ができてからはそちらの勢力に飲み込まれるような形で、こちらの存在感は薄くなった。
 戦国時代には戦で本殿が燃えたり、境内の神木を松阪城の築城に使ったりと、そんな歴史もある。境内には伊勢椿の原木の椿もあるそうだ。
 明治41年には、あちこちにちらばっていた32社の関連神社を丹生中神社に合祀した。

丹生神社

 丹生中神社の左手に丹生神社がある。こちらも祭神は丹生都比売神ではなく、埴山姫命(はにやまひめのみこと)になっている。丹生都比売神を祀った丹生都姫神社は、神宮寺の方の奥まったところに別にある。
 丹生神社の本殿はなかなか立派なものだ。伊勢神宮との関連も何やらあるらしい。反対側には社務所がある。
 今回は、丹生神社と丹生中神社の両方に初詣をしてきた。今年もよろしくお願いしますの前に去年の報告を。どうもありがとうございました、と。

 ところで初詣って何? という素朴な疑問がふと頭に浮かんだ。その年初めて神社仏閣にお詣りして一年の無事を祈願することだろうとは分かっていても、その先のことはよく分かってない。何日までが初詣になるのかとか、お寺でもいいのかとか、どういう寺社に行けばいいのかとか、あやふやだ。日本かぶれの外国人に鋭く突っ込まれたらタジタジになってしまいそうな不安を感じたので、今日少し勉強してみた。
 まず、基本的には小正月(松の内)の1月15日までにするのがいいようだ。最近は、そんなにのんびりしてられねぇぜべらぼうめこちとら江戸っ子だいこんちくしょうとばかりに1月7日までというところも増えている。気の短い江戸っ子気質がそうさせたとかさせないとか。ちょっと意外だったのは、教会でもいいということだ。そりゃそうか、キリスト教の人は神社仏閣ではなく当然教会に行くものだ。
 元日の朝に行くのを元旦詣、大晦日に行くのを除夜詣、大晦日から行って年越しをするのを二年参りというそうだ。新年が明けて最初に出かけることを初門出と言うんだとか。ちなみに、新年最初に店を営業することを初売りという。
 ……。
 行く場所はどこでもいいらしい。日本は何しろ八百万(やおよろず)の神様がいる国だから、どの神様に祈ってもいいのだ。欲張って何ヶ所詣ってもかまわない。ただし、当然のことながら初詣というのは最初という意味なので二ヶ所目、三ヶ所目に訪れたところは初詣とはいわない。
 もう少し時代をさかのぼってみると、本来は氏神様(うじがみさま)と、その年の恵方(えほう)の神様にお詣りしていたのが初詣の始まりだったようだ。ただ、現代は自分のうちの氏神様といってもどこか分からない人がほとんどだろうし、恵方というのもあまり言われなくなっている。今年の恵方は北北西らしいのだけど。
 あとはその寺社の御利益を調べて、自分の願い事に合ったところに行けばいい。学問の神様の天満宮に行って縁結びのお願いをしていても、道真さんはこれから受験生の相手で超多忙になるのでなかなか恋愛まで手が回らないなんてことにもなりかねない。
 有名寺社としては、名古屋なら熱田神宮がダントツに多い。毎年200万人以上が訪れて、全国でベスト5くらいに入る。一位は毎年明治神宮だ。以下、成田山新勝寺、川崎大師、伏見稲荷大社、住吉大社、浅草寺、鶴岡八幡宮、太宰府天満宮、氷川神社などが続く。2006年の初詣参拝者は9,373万人というのだけど、これはどう考えても何ヶ所も行ってる人が大勢いるということだ。まさか日本人の75パーセントが初詣に行ってるということはあるまい。

 新年明けましておめでとうございます。挨拶が遅れました。
 今年は元日からいきなり神社仏閣シリーズかよ、と思われたかもしれないけど、たぶん今年も多くなることでしょう。神様関係に興味がない人にもなるべく楽しめるように書きますので、おつき合いください。御利益が余ったらお裾分けしますから。
 今年のこのブログの目標は、まずタイトルを変えることというのがある。断想日記プラスワンというのは、HPの日記の「断想日記」と「今日の一枚」という写真コーナーを合体させて楽をしようというコンセプトの元に生まれたものだった。それでこのタイトルになったのだけど、もはや日記でもなければ写真も一枚じゃなくなってるので、内容と合わなくなっている。心機一転、何か考えよう。
 スタイルはしばらくここままで、基本姿勢もタイトル下にある「この世界にはたくさんの美しいものや面白いものがあることを知るための毎日であれば、それは楽しくて幸せなこと」というのは変わらない。心の中にいる架空の人物---生まれつき病気がちで入院ばかりしている小学5年生の女の子---に、この世界の美しさや素晴らしさや楽しさや面白さを伝えることというのをいつも意識している。遠くまで出かけなくても、日常から一歩踏み出せば、自分が知らなかった世界が広がっているんだと、と。おいおい、小5にはネタが昭和で古すぎるだろうというツッコミを聞き流しつつ。昔、たのきんトリオってのがいてね、メーテル、リンゴの気持ちはよく分かるんだよ。
 そんなわけで、2007年もよろしくお願いします。お年玉、待ってます。
関連記事ページ
コメント
非公開コメント

いまだに勢和村と言ってしまう私たち

オオタさま

あけましておめでとうございます。
昨年は、たくさんお世話になり、ありがとうございました。
今年も、さっそく、よろしくお願いしますね。(^^)

お大師さんも丹生神社も、懐かしい場所です・・・・
でも、お大師さんの横の神社に、複数の神様が祭られていたなんて
全然、知りませんでした。
全部、ひと絡げ・・・っていうか、あのエリア全体が、
親しみと敬いが程良く混ざった、あたたかな空間でした。
ちょうど、祖父母の愛情に甘えるような感じで・・・

オオタさんの写真のおかげで、
再び、かの地を訪れた気分になれました。
・・・しかし、昔と変わりませんねぇ。
多気町なんて、普通(?)の名前に変えて欲しくなかったですよね。(笑)

では、また。

あ、5枚目の写真、良いですね。(^^)

2007-01-02 08:32 | from mao_cat

懐かしくもあり、新鮮でもあり

★maoさん

 こんにちは。
 あけましておめでとうございます。
 もうひとつの方もおめでとうございます(笑)。

 maoさんにとっても故郷の勢和村に行ってきましたよ。
 でもホント、多気町丹生っていわれてもしっくりきませんね。やっぱりあそこはずっと勢和村です。
 お大師さんに初詣も行ってきました。
 いつもは神宮寺の方をメインで回るんだけど、今回は丹生神社メインでした。初詣は神社の方がよさそうな気分だったので。
 私も帰ってきて調べるまでくわしいことは知らなかったんですよ。神社の方が古かったんですね。
 参道はあっちの方が好きな私です。木々から漏れる光とか、水の流れとか。
 写真で少しでも行った気分になってもらえれば嬉しいです。
 maoさんは5枚目がお気に入りでしたか。あれはちょうどいいタイミングで一家がお詣りしてくれたのでした。ずっと張り込んでいたわけではありません(笑)。

 今年もまたよろしくお願いします。(^^)

2007-01-02 19:44 | from オオタ | Edit

謹賀新年

オオタさん

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。
なにやらそこかしこにお目出度い雰囲気を漂わせてますね。
意味深ですが何しろおめでとうございます。

新年早々驚いたことに、三枚目の写真の室内階段が何度も夢に出てきていた
階段ではないかと目を見張り、大きな目がさらに大きくなりました。
その階段を上っていくと、雲水が並んで歩いており、道すがら頭を下げられるので
私も頭を下げつつ室内階段を抜けた後の石段を登っていく。すると
とても古い山門があり、その奥にかなり大きな黒光りした本堂があるのです。
そこがちょっと違うけれど、私はここに来たことがある。と写真を見て思いました。
いえ、行ったことはありませんが、いつか行く場所を夢で見たのかもしれませんね。
この道はいつか来た道?いつか行く道?
今年も心の奥の扉を開くような写真を撮り続けてくださいね。
不思議発見!

2007-01-03 00:46 | from - | Edit

きっと行く

★magnoliaさん

 あけましておめでとうございます。
 昨年は大変お世話しました。しました?
 今年もよろしくお願いしたりされたり。

 ところで、magnoliaさん、正月三が日はどこで何をしていましたか?
 そこかしこでmagnoliaさん疑惑のある人見かけました。城山八幡宮でも。
 あの中の誰かがそうだったのかもしれない。

 めでたいことの中で一番といえば、それはもう私の頭の中で、悪い記憶だけ消す消しゴムがあるのです。悪夢も見ないし、嫌なことも全部忘れてしまいました。こいつぁあ春から縁起がいい。

 ところで、勢和村丹生大師の写真に激しく反応ですね。
 室内階段、なるほど、そういう呼び名があるんだ。言われてみればまさに。
 西川きよしのような目玉は無事magnoliaさんの中に収まってますか?
 しかし、何度も夢で見てるということは、確実に前世で行ってますね。もしかして、空海さんですか?
 いつか来た道はいつか行く道です。機会があったらぜひうちの田舎を訪ねていってくださいね。このへんでオオタさんのうちはどこですかと聞けば、たぶん教えてくれるでしょう。
 ただし、ばあちゃんに何かを売りつけたりしないでください。

2007-01-05 02:11 | from オオタ | Edit

トラックバック

https://utusemibiyori.com/tb.php/475-eed30d48